記事一覧

12月19日(土) 受診&PET-CT

  • 2015年12月19日

今日はFEC最終投与後1週間目の定例副作用チェックとPET-CT検査の日です。
アブラキサン4クール投与後の中間評価の際には、検査が少し先延ばしになってしまったので、今回は早めに予約をとりました。

午前9時に来院するようにとのことなので、8時少し過ぎには家を出ました。
実は、今回のFEC4クール目は今までよりも身体にこたえているようで、朝、目覚ましが鳴ってもなかなか起きられないこともあります。顕著なだるさではないのですが、昨日(金曜日)は大事をとって仕事を休んでしまいました。むかむか1歩手前の状態も心なしかこれまでよりも程度が強いようで、予防的にカイトリルを3回も飲んでしまいました。

受け付け→採血→PET-CT検査と順調に進み、6階の待ち合いロビーで診察を待つことしばし。しかし、診察予定時間の11時45分をしばらく過ぎたころ看護師さんから「画像転送が遅れているので、一旦外出して食事でもして、1時過ぎに診察でも大丈夫ですか?」と打診がありました。午後は予定があるのですが時間は決まっていないし、朝食抜きで早くお腹に何か入れたいところだったので外出することにしました。

お昼ご飯を食べて戻って来たのは1時少し前。診察室に呼ばれたのは1時15分ごろだったでしょうか。
診察室に入るとまずは副作用に関する問診で、とりあえず1週間の体調を申告します。血液検査の結果、白血球は4000を超えていて、今のところは問題なし。でも、1週間後は要注意ですので来週も受診して白血球値を調べてもらうことにしました。
その後、PET-CTの画像を見ながら説明を受けました。
結論から言うと「今回のChemoは良く効いている」ということのようです。
PETはおおむね5ミリ以上の大きさのがん細胞の塊には黄色や赤色としてFDGの集積が画像に写ります。そのようながん細胞の塊と判断される集積が、転移巣があるはずの右肺や胸骨や縦隔リンパ節にも見られませんでした。肝臓やその他の臓器にも新たに出てきたものは無いようです。肺の無気肺部分は相変わらずですが、現時点では画像に出ない程度にはがん細胞は縮小したようです。もちろん完全に無くなったとは言えませんし、この状態をどのぐらい維持できるかも不明です。
ドクターも「このまま何もしないというのはちょっと心配」と言い、現状を維持するための治療の選択肢として以下のものを挙げてくれました。

1 TS-1(ティーエスワン)
 テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウムを配合した飲み薬の抗がん剤
2 ゼローダ(カペシタビン)
 体内で5-FUになる飲み薬の抗がん剤
3 アロマターゼ阻害剤(フェマーラ(レトロゾール)、アリミデックス(アナストロゾール)、アロマシン(エキセメスタン)の3種類のいずれか)
 閉経後に使用するホルモン療法剤の飲み薬
4 ヒスロン(黄体ホルモン製剤)
 ホルモン療法剤の飲み薬
5 フェソロデックス(フルベストラント)
 ホルモン療法剤の注射剤

これらには、FEC投与期間中に休薬していたゾレドロン酸を再開してプラスしましょうとのこと。
現時点でどの選択肢が良いかは全く不明で、エビデンスはありません。1月20日に緩和治療外来の受診予定があるので、そちらのドクターとも相談して決めることとしました。
選択肢としては想定の範囲のものばかりですが、効果と副作用の点ではいずれも一長一短。これから1か月の間に次の一手を考えなければなりません。

診察室を出て1階に行くと、とても混んでいる様子。めずらしく30分以上会計を待ち、クリニックを出たのは午後2時をかなり過ぎたころでした。
すっかり遅くなってしまいましたが、今日はこれから三浦半島へプチリゾートの予定です。
次回の受診予定は12月26日(土)です。