記事一覧

緩和治療外来受診

  • 2016年01月20日

前回は10月7日だったので、3か月ぶりの緩和治療外来です。
今日は持参したPET-CTの画像資料を見ながら相談しようと、少し早めに来院して資料を提出。予定の時間まで1時間ほど本を読みながら待ちました。読んだ本は「男おひとりさま道」。もちろんこの前に「おひとりさまの老後」は読んでいます。私自身は「おひとりさま」になる確率は低いのですが、同居人はその確率大。作戦会議の話し相手になるために、少々ネタを仕入れておきます。

昨年4月から担当ドクターが変更になったのですが、診察室に呼ばれて入ると見慣れぬドクターがいます。なんと、外来の体制が変更になり、部長先生が今日の外来担当だとか。前のドクターは結構話し好きのようで、かつ呼吸器が専門だったのでちょうどよかったのですが、致し方ありません。
一応、予定していた相談内容をあれこれ聞いてみました。
今後の治療選択については、「自分は乳がんの専門ではないので、乳がんの専門の医師に相談したほうがいい」と言いつつも、「自分なら無治療」とのご意見。ゾレドロン酸については「3か月に1回というのはエビデンスがない。現時点では添付文書にあるとおり4週に1回」というご意見でした。

次回は3か月後ぐらいに受診するということにし、予約はなし。受診したい日の1か月前ぐらいに電話して予約することとなりました。