記事一覧

9月17日(土) 受診

  • 2016年09月17日

今日は4週ごとのゾレドロン酸点滴の日です。併せて一昨日のPET-CTの結果も聞く予定。このところ腫瘍マーカー(CEA)は上昇しているし、たぶん増悪しているだろうな。

チェックインは午前8時半。採血をして着替えをし、待合いロビーでしばし待機。診察室に呼ばれたのは9時15分ごろでしょうか。
いつもどおり「調子はどうですか?」という問診から始まります。今のところ恒常的な咳・痰はなく、発熱もなし。特に問題はありませんと答えると、「PET-CTの結果ですが」と説明が始まります。
結論から言うと、肺の腫瘍は反応がかなりあって画像上では黄色くなっている範囲が以前の倍ぐらいになっている模様。また、胸骨の転移巣にも反応が出ているとのこと。他の部分に新たな異常はないようです。
腫瘍マーカー(CEA)も6月までは基準値内だったものが、7月は5.8、8月は12.3と上がっています。(診察の時にはまだ今日の結果は出ていなかったのですが、最後にもらったプリントでは20.0となっていました)
ということで、案の定、薬剤変更の提案です。まだ症状が出ていないということもあり、第一候補はホルモン療法のフェソロデックス(一般名:フルベストラント)。胸骨の増悪もあるので、ゾレドロン酸も分子標的薬のランマーク(一般名:デノスマブ)に変えましょうということです。抗がん剤(たとえばハラヴェンなど)に変更するというのが第二候補。変えるとしたら来月からということになりそうで、月末に他院の緩和治療外来へ行く予定もあるのでそちらの意見も聞き、来月まで考えておいてくださいとのことでした。
ですので、あと1か月は現状の治療のままです。高用量トレミフェンといつもの去痰薬の処方をもらい、ランマークの解説冊子をもらってポートに針を刺して診察は終了。

診察室から化学療法室に移動し、6番のリクライニングに落ち着きます。おそらく最後のゾレドロン酸点滴になるでしょう。点滴をしながらランマークの冊子を読んだのですが、ランマークは注射のようですし、フェソロデックスも注射なので、化学療法室には当分来ることはなさそうです。

点滴が終わり、着替えをして、会計をして、10時40分ごろには終了です。
問題となるような症状のない今のタイミングで化学療法はやりたくないし、かなり前から次の治療の候補になっていたフェソロデックスをやるというのは、ほぼ既定路線ですが、薬価が高いのが難点。もちろん高額医療費の手続きはするのですが・・・。

次回は10月15日(土)の予定です。

コメント一覧