記事一覧

12月9日(金) CT&受診 フェソロデックス4回目

  • 2016年12月09日

今日は9時からCT検査なので、8時半にチェックイン。採血を受けてから画像診断センターに向かいます。
待ち時間の間に看護師さんから飲食の状況(朝食抜き)等について確認があり、予定時刻の9時ごろに名前を呼ばれてCT検査室へ。カーテンで仕切られたコーナーで検査着に着替えます。
検査着になって検査台に仰向けになると、まず造影剤のルート確保。そして撮影。造影剤なしで頭部と体部を撮影後、造影剤を入れて再度撮影しました。

CTは30分余りで終了。診察は12時半の予約なので一旦外出し、朝ご飯を食べます。いつものファミレスでモーニングセットを食べ、クリニックに戻ったのは10時半ごろ。予定時間よりかなり早いですが、待ち合いロビーで本でも読んで時間をつぶそうと考えていると、意外に早く名前を呼ばれました。まだ11時ぐらいです。このぶんなら午後からの仕事に余裕で間に合いそうです。

さて、診察室に入ると真っ先に「咳はどうですか」と聞かれました。どうやらCTの結果はあまり良くなく、肺の腫瘍は増悪している模様。腫瘍マーカーCEAも37.7とこれまでの最高値です。でも咳や血痰などの症状は今のところあまりありません。発熱もまったくなし。ドクターとしてはフェソロデックスは効いていないという判断で、治療変更をしたほうが良いと考えているようです。
しかし、今は来年4月からの転院を迫られている状況なので、転院先の当てがあるなら新しい病院で今後の治療を相談したほうが良いという意向のようです。しかも今は年末。万が一、緊急に診療が必要となった場合に備えて、年内にも新しい病院につながっていたほうが良いとのこと。

実は前回の受診の際に、今のクリニックでは後任のドクターがどうなるか全くわからず、継続しての診療は難しいという状況を確認しました。単に主治医が他の病院に移るのではなく、このクリニックの診療方針が変更になるようです。とすると、主治医が当面は週に1度診察する予定という病院に転院するか、あるいは主治医も変更して他の病院に行くか、決めなければなりません。
私のこれまでの長い患者歴のおかげで、転院先の候補となる病院はいくつかあります。つい先日、そのうちの一つに打診をしてみたところ、受け入れ可能との返事をもらったところです。
ドクターにその旨を告げると、そこへ転院する方向であれよあれよと話が進み、場合によっては今日でこのクリニックでの診察は最後という感じになってしまいました。診療情報提供書とこれまでの画像データは、近日中に自宅あてに郵送してくれるとのこと。どうやら3月までに多くの受け持ち患者の身の振り方を決めなければならないので、転院先のあてのある患者は早めに整理したいのかもしれません。

今日のところはフェソロデックスとランマークの注射をすることなりましたが、次の診察予約はなし。いったん診察室を出て注射の準備ができるのを待ち、別室に入ってフェソロデックスとランマークの注射をしてもらって終了です。