記事一覧

転院準備

  • 2016年12月18日

12月9日の受診の際に年内の転院を迫られる事態になってから、あちこち手配を開始。

今回、転院先に決めた病院は、10月15日に主治医の異動を聞いてから2か月の間にいろいろ検討し、6つの転院候補のうち第1位に考えていた病院であり、3年前にセカンドオピニオンで受診したところでもあります。担当になる予定のドクターには面識があるため、たまたま数日前に打診をしてあって、通常の手順で初診の予約をとればOKとの確認済みです。
そこで、さっそく初診予約をとるべく9日の午後に電話をしてみたところ、紹介状(診療情報提供書)が手元にないと予約を入れられないとのこと。近日中に郵便で送られてくる予定なのですが、手元に届いてから予約してくださいと受け付けの人に言われてしまいました。とっさのことで「手元にあります」とウソがつけずに予約は断念しました。

翌日の土曜日にクリニックに電話し、紹介状がいつごろ届くのかを確認したところ、遅くとも来週中には届くとのこと。
実際には12日の月曜日午後には宅配便で届けられました。
そこで13日火曜日の朝に改めて初診予約の電話を入れたところ、まず通常の手続きで一番早く初診予約が入れられるのは1月16日であること。その上でこれまでの主治医から紹介状の内容を病院あてに事前FAXするようにとの指示がありました。なんだかいろいろ手間がかかります。紹介状の内容によって緊急の受診が必要と判断される場合は、初診予定が前倒しになる場合もあるようです。
今度はこれまでのクリニックに電話してみると、主治医は14日水曜日まで遠方にいるため、FAXできるのは一番早くて15日木曜日の朝になるとのこと。やむをえないのでその内容でお願いし、同内容をメールでもお願いしておきました。主治医からは「木曜日の朝一番に対応します」とのお返事をいただき、転院先のドクターからは15日木曜日の夕方に「紹介状を受け取りました」との連絡をいただきました。

ということで、とりあえず後は初診予定が変更になるかどうかの連絡待ちです。ふぅ。(^_^;)

【追記】
転院先のドクターから「紹介状を受け取りました」という連絡のあと何度かやり取りをし、腫瘍マーカーの推移と最近の画像データを送ったところ、「このまま無症状であれば、1/16に次のフェソロデックスで十分問題ないと思います。」との見解をいただきました。
ですので、特に変わったことがない限り、1/16が転院先病院の初受診です。