記事一覧

転院の条件

  • 2016年12月19日

古いほうの乳がん日誌(http://new.la.coocan.jp/)をお読みいただいたかたはご存知と思いますが、私は40歳のときに初めて受けた職場の乳がん検診で乳がんが見つかりました。そのときは、勤務先が契約している施設で検診を受けたのですが、たまたまその時の検診医がそのまま主治医となり、そのドクターのメインの勤務先であった大学病院で手術を受けました。
その後、7年間は大学病院で補助療法と術後のフォローアップをしていましたが、主治医のメインの勤務先が別のクリニックに移ったため、術後のフォローもクリニックのほうに通うようになりました。
そうこうしているうちに職場の一般健康診断の胸部レントゲンで二次検診指示が出て、検診施設でCTを受けたところ肺がん疑いとなり、最終的には乳がんの肺転移と診断され、主治医のいるクリニックで再発治療を受けてきました。

クリニックは、検診や術後のフォローアップは問題ありませんし、これまでは再発治療の際も外来化学療法ぐらいなら問題なく対応してくれていました。大学病院よりも小回りが利いて、検査も早いし、待ち時間もなく、土曜診療もやっていたので、私としては好都合だったことは間違いありません。

しかし、再発治療はだんだんと集学的治療が必要となります。
肺炎を起こして緊急入院が必要になることもあるでしょうし、放射線治療が必要になったり、脳外科の診察が必要になったりすることもあるかもしれません。
そうなったときは当然、他の病院にかからざるを得ないのですが、いよいよとなる前に、そのような対応ができる病院につながりを作っておいたほうが良いに越したことはありません。

再発治療となって6年。今後に備えて私なりに情報収集はしてきたのですが、10月15日の受診の際に今かかっているクリニックの診療方針変更のことを聞き、4月以降は転院(あるいは転医も)ということが現実のものとなりました。加えて12月9日のCTで増悪が認められ、年内にも新しい病院へ移って、そこで次の治療を検討したほうが良いということになったわけです。

転院先を決めるにあたって、(あくまで私が)条件として検討したのは以下の点です。

1 通院可能であること
 通院所要時間の目安はおよそ1時間以内。交通の便も重要です。具合が悪くなって緊急受診をする際に、自力で行けるぐらいでないとかなり大変です。救急車での搬送可能範囲であればベスト。

2 いざというときに入院できること
 せっかく今のクリニックからの転院であれば、肺炎などの際には入院できる病院でなければ、またまた面倒を抱えることになります。さらに救急指定病院であればなお良いです。

3 総合病院であること
 2と同様にせっかく転院するのであれば、乳腺外科や腫瘍内科だけでなく、脳外科、放射線科、呼吸器内科、整形外科などもあってほしいです。

4 ほとんどの検査が病院内でできること
 これまでのクリニックでは、マンモ、エコー、X線のほかに、CT、PET-CT、MRIの検査が可能でした。今どきの大きな総合病院は大丈夫だと思いますが、これらの検査で他院に行くのは大変です。

5 担当になる医師以外にもサポートしてくれる医師がいること
 そこそこ大きな病院でも、乳腺専門医は一人というところもあるようです。腫瘍内科医がいても乳腺専門とは限りません。担当医が不在の際にも再発乳がんの治療に詳しいドクターがいてくれたほうが良いと思います。

6 担当となる医師が、私の予想される予後よりも長く病院にいるだろうと思われること
 そうそう頻繁に転院するわけにはいかないので、どんなに素晴らしいドクターでも、来年も病院にいてくれるかどうかわからないというのでは困ります。ましてやあと1年で定年退職なんていうのは、次のドクターがどうなるか分かりません。

7 担当になる医師と相性が良いこと
 なかなか難しい注文だと思いますが、あまり熱心過ぎてハートの熱すぎるドクターはちょっと苦手です。会ったことのないドクターは判断が難しいので、相性を重視すれば面識のあるドクターがいる病院を中心に選ぶということになります。