記事一覧

2月16日(木) 転院後2回目の受診 フェソロデックス継続

  • 2017年02月16日

今日は、先月から転院した新しい病院へ2回目の受診です。
昨年12月9日に撮ったCTの結果が思わしくなく、治療変更も視野に入れた転院でしたが、1月の段階では「もう少し様子を見ましょう」と治療変更は先延ばしにしていました。
そうこうしているうちに1月下旬から咳が出るようになってしまい、画像上の増悪と腫瘍マーカーの上昇に症状の出現が加われば今の薬に耐性ができたと解釈せざるをえません。増悪の度合いにもよりますが、chemo再開はやむをえないと覚悟の上で病院へ向かいました。

今日の予約時間は10時半。受診の前には採血と胸部レントゲンが予定されているので、血液検査の結果が出るまでの時間を織り込んで9時半を目指して病院へ向かいます。
ほぼ予定時刻にチェックインし採血へ。先月の受診時と時間帯が異なるためか、採血待ちの人がたくさんいます。私の採血受付番号は156でしたが、採血室に入れているのはまだ120番台で、「中へお入りください」の順番が回ってくるまで15分ほど周辺のベンチで待ちます。採血室へ入ってから採血までは3分ほどで、今日は3本採取。その後放射線の受付へ向かいます。こちらは比較的すいていて、撮影してから腫瘍内科の外来受付へ行くまで10分ほどでした。
さて、ここからが長いです。外来待ち合いで待つこと50分。中待合いへ移動してから30分。途中、同じ苗字の人がいたため別の診察室から呼ばれてびっくりしたりしましたが、診察室に入ったのは11時半過ぎ。予約時間より1時間遅れでしたが、この規模の病院では早いほうかも。

診察室へ入り、ご挨拶をして、血液検査とレントゲンの画像を前に話が始まります。結果は両方ともほとんど前回と変化なしでした。咳が出始めた原因はあまりはっきりしないが、前回より少し影が濃くなっているところがあるので、それが神経を刺激しているのかもということです。今の段階では治療を変更する積極的な理由はないので、今日のところはフェソロデックスとランマークを継続することになりました。私としては超ラッキーな結果でした。

次回の診察は4週間後ですが、それまでの間に一度CTを撮ることにし、2月28日に検査予約を入れます。CTの結果を見てから今後の検討ですが、選択肢としてはティーエスワンかゼローダかハラヴェンか、というところのようです。
去痰薬は手持ちのムコダインとムコソルバンがまだ残っているので、必要に応じてそれを服用することにし、鎮咳薬としてフスコデ配合シロップを処方してくれました。

診察室を出て、注射等の準備ができるのを少し待ちます。今度は化学療法室内の小部屋に案内され、フェソロデックス注射、ランマーク注射、CVポートの洗浄を済ませて診察&治療は終了。所要時間は約3時間でした。