記事一覧

4月19日(水) 緩和治療科受診

  • 2017年04月19日

前回は12月だったので4か月ぶりの受診です。

おおむね3か月ごとに画像を撮ることが多いので、新しい画像データが出た時や、何か変わったことがあった時に報告や相談のために受診していたのですが、最新のCTを撮ったのが2月28日。いつもどおりなら3月下旬に受診するところですが、年度末・年度始めで仕事が繁忙期。あまり仕事を休みたくないので今日になりました。
予約の電話を入れたのは3月で、既に咳・痰が酷くなっていたのを説明すると、電話に出てくれた看護師さんが「症状があるのにそんなに先で大丈夫ですか」と心配してくれました。でもやむをえません。

予約時間は10時45分ですが、なるべく早く終わらせたいので早めにチェックイン。外来受付で画像CDを渡して保険証の確認もしてもらいます。診察前の問診をタブレットで入れることになったようで、2階へ移動して入力を済ませ、待ち合いで待つこと1時間余り。中待合いに呼ばれたのは11時過ぎでした。

診察室に呼ばれたのは、更に10分ぐらいしてからだったでしょうか。報告事項は以下のとおり。
・転院はスムーズに問題なくできたこと。
・12月以降、腫瘍マーカーに大きな変化はないので、フェソロデックス&ランマークを継続していること。
・1月下旬から咳・痰が出てきていること。
・2月28日にCTを撮ったが、その後のレントゲンで気になる所見があったため、5月2日にまたCTを撮る予定であること。
・咳・痰の対処としては、ムコソルバンL、カルボシステイン、フスコデ配合シロップを処方してもらっているということ。
などなど。

姑息的放射線照射についても尋ねてみましたが、効果の予測が難しいので、下手をすると呼吸困難が進んでしまうことも。そのようなリスクを冒してまでやるメリットは期待できないだろうとのことです。

主治医が乳腺外科医から元呼吸器内科の腫瘍内科医に変わったこともあり、咳・痰の対処について緩和のドクターは「○○先生なら大丈夫でしょう」と全幅の信頼を置いている様子です。
薬剤変更の候補薬についても、私の心づもりを話すと「それでいいと思います」と言ってくれました。
結局、4か月間の状況報告をしただけで終了しました。