記事一覧

薬の飲み忘れ防止策

  • 2010年09月04日

飲み薬をきちんと飲み続けるのって、結構大変。インフルエンザで1週間ぐらい飲むならともかく、エンドレスに飲む場合も多い治療では本当に大変だ。

かつてLH-RHアゴニスト2年間が終了したあとに、「この後、補助治療としてタモキシフェンを飲みますか?」と主治医に打診されたことがあった。その時は、それほどリスクは高くなかったし、飲み薬は絶対に忘れる自信があったので、タモはやらないことにしたのだ。

今回は、マジで飲み忘れないように頑張らなければならない。
ホルモン療法の飲み薬を5年も10年も飲んでいる患者仲間は多いので、聞いていると、みんなも良く忘れるとのこと。飲み忘れるだけでなく、今朝飲んだかどうかわからなくなるらしい。

ある人が、いい方法を教えてくれた。
薬をもらったら、薬のシートの上1個ごとに日付を書く。30日分もらったら、1、2、3と日付と同じ番号を書いておく。そうすると、その日に飲んだかまだ飲んでないか一目瞭然。
この話を聞いてすぐに実践し始めたが、それから1か月以上、今のところ飲み忘れはない。