記事一覧

8月31日(木) 受診、フェソロデックス更に更に継続(12クール目)

  • 2017年08月31日

CTを先週受けていることからレントゲンはなしで、今月2回目の受診なので保険請求の関係で血液検査を省略していることから、今日は受診のみです。予約は10時半ですが、チャンスがあれば少しでも早く受診を終わらせようと1時間前を目指して家を出ます。ちょうど家を出るころに雨が降り出しました。この病院に通うようになってはや8か月ですが、傘をさして行くのはひょっとしたら初めてかも。病院入り口に傘立てはなく、傘袋が用意してあって傘は自分で持って回るようです。
チェックインは9時24分。1時間は待つ覚悟で、持参の本を読み始めます。ところが、液晶表示板に私の受け付け番号が「中待合いへ」と出たのは30分も経たないころでした。直前の人が診察室から出てきたのは10時、私が診察室に呼ばれたのは10時5分ごろでした。

「おはようございます」と診察室に入って、私が「今日は早くて嬉しい」というと、「なんか今日は出足が鈍いんだよね」とのこと。たぶん、私より予約時間の早い人がまだ来院していないとか、来るのが遅めで採血等の結果が出ていないために事前準備の不要な私が先に呼ばれたと思われます。
先生からは開口一番「ご苦労様でした」。一瞬何かと思いましたが、8月26日(土)に開催したかながわ乳がん市民フォーラムのことでした。私が事前準備に関わったり、乳がん体験者の一人として壇上に上がったことをねぎらってくれたのです。ひとしきりその話題で盛り上がり、「私の診察はまだかしらん???」と思い始めたころ、ようやくCT結果の話題に移りました。
5月の画像に比べて、やはり一回り大きくなっているようです。ただし、CTの影全部が腫瘍ではないので、実際の腫瘍の大きさはわかりません。ただ、気管支へのでっぱり具合などから判断すると、少しずつ大きくなっているようです。
他に、特に新しい転移はないようですが、右背面の肋骨に骨折の痕跡があるとか。過去の画像を調べてみると、異変が起きたのは2年前らしい。アブラキサンを始めたころですが、思い当たるフシはなし。まぁ、転移ではないようなので気にしないことにします。
腫瘍マーカー値は今日は不明。痰・咳の症状は変化なしで、血痰は少なくなった模様。そのほかの発熱や痛みなどは特になく、酸素飽和度も横ばい。今日もフェソロデックスとランマークを継続することにしました。
ただ、そろそろ次の治療を考えないといけないのですが、イブランス(一般名:パルボシクリブ)が承認決定で薬価収載まであと数か月であること、ウィッグを外してしまったので次の薬剤は髪の抜けないゼローダ辺りを考えているということをドクターに伝えました。しかし、変えると言っても例えば来月からということではなく、2~3か月先の話のようです。
前のクリニックでは年に2回はPET-CTを撮っていたし、PETなら腫瘍の活動度合いが少しは予測できそうな気がするので、次の画像検査あたりはPETにしてほしい旨をリクエストしておきました。
それと、気管支を腫瘍が段々上がってくると、現在の右下葉のみでなく、中葉にも影響する恐れがあるということから、「今のうちに下葉だけ(姑息的に)取っちゃうなんてできないの?」と聞いてみたら「それなら手術じゃなくて放射線だけど、放射線は1箇所に1度しか使えないので、そのタイミングが今かというと違うようだ」との回答。しかし、腫瘍が気管支を上がってきて、一気にふさいでしまう(急に呼吸困難になる)こともないとは言えず、そのような事態も想定して心構えをしておいたほうがよさそうです。

次回の予約を9月28日に入れ、忘れないように採血とレントゲンのオーダーを入れてもらいます。「(オーダーを)漏らさないでね」と一つ一つ確認すると、「よく漏らしちゃうんだよね」。オイコラ!(^_^;)。採血がなかったので結果の印刷はなしで、9月20日に緩和治療外来へ持っていくCDを確認し、薬の処方をしてもらい、本日は終了です。

診察室を出るとクラークさんがすぐに処置室へ案内してくれ、3番ベッドで看護師さんにポートフラッシュ、ランマーク注射、フェソロデックス注射をしてもらい、会計を終了して病院を出たのは11時17分。いつもより1時間も早く終了し、友人とのランチの約束に間に合いそうで嬉しいです。