記事一覧

9月20日(水) 緩和治療科受診

  • 2017年09月20日

前回の受診は4月中旬だったので、5か月ぶりの受診です。変化がほとんどないので、徐々に受診間隔が長くなって来ています。

朝ドラを見て、ややのんびり目に家を出たのですが、意外に早く着きチェックインは9時25分。総合診療の受付で保険証確認をしてもらい、持参した画像資料のCDと血液検査結果のプリントを預けます。そのまま待合いで本でも読んで待とうかと長椅子に座りましたが、受け付け票に問診を受けるようにとの記載があることに気づいて2階へ。そういえば、最近は受診前にタブレットで問診を入力することになったのでした。0から10のスケールで答えるのですが、痛みや吐き気、だるさなどについては、すべて0、0、0。
問診の入力を済ませて再び外来の待ち合いに戻り、しばし読書。すると10時半ごろ呼び出し機が鳴動し中待合いへ。診察室に呼ばれたのも意外に早い時間でした。

ご挨拶をして椅子に座り、何から話そうかとしばし沈黙。ドクターは今日はみょうに(?)和やかな雰囲気です。
前回(4月)の受診と比べてあまり変化はないこと、画像上では腫瘍(無気肺)は少しずつ大きくなっているが、腫瘍マーカーは横ばいで、咳・痰は若干少なくなり、血痰も減ったことなどを報告。先に提出した画像と血液検査の資料は既に見てくれている様子で、腫瘍マーカーの横ばいと無気肺が若干広がっていることについて「そのようですね」と相槌。治療については、まだ薬剤変更せずにいる(フェソロデックス、ランマーク)ことにややびっくりした様子でした。でも、引っ張れるならできるだけ変更しないほうが良いとの意見も。そして、実際に腫瘍がどのぐらい大きくなっているかを見る方法としては(正確ではないが)PET-CTぐらいでしょうね、でも厳密には保険適用じゃぁないんだよね、とも。
困った症状も特にないし、診察はこれで終了です。次回はまた自分で電話して予約をとることになりますが、変化がない場合は受診間隔が空いても良く、6か月先とかでも大丈夫とのことを確認。最後に「○○先生(今の主治医)によろしく」と、またまた言われてしまいました。

診察の後は資料返却カウンターでCDを受け取り、会計を済ませて11時に終了。今日はとても早かったです。