記事一覧

9月2日(木) 治療が始まって2回目の受診

  • 2010年09月02日

今日は再発治療2回目の受診日だ。予約票には16:30となっていて、16:25までに受け付けするようにと書いてある。
仕事は2時間休を取るのだが、そうすると15:15に職場を出ることになる。余裕が45分しかないと勘違いし、あせって四谷に向かったが、後でよく考えるとどうやら30分間違えていたみたい。ということで予定より30分早くクリニックに到着した。

受け付けは早めでも問題なく、待ち時間も少なくてすぐに診察室に呼ばれる。「こんにちは~」と問診開始。咳がすっかり治まったことを伝えると、先生は「薬が効いているのかもしれませんね」と言う。咳止めの薬が効いているのかと思ったが、ホルモン治療が効いているのではないかと言う。自分としてはそもそも咳は肺の腫瘍のせいではなく、自己暗示だと思っていたので「自己暗示が解けたんだと思います」と言っておいた。
「効いているとなると、検査して見てみたいところですが・・・」と先生は言う。そのようにリクエストする患者が多いのか、先生自身が見てみたいのか??? 治療を始めてまだ1か月だし、前に撮ったCTが6月18日なので、早くても10月でいいんじゃないかなぁと言うと、じゃぁ次回の診察のときにCTの予約を入れましょうということになった。で、次の診察は4週間後の9月30日にし、その時にCTの予定を決めることになった。
先生の口ぶりでは、検査をリクエストする患者が多いようだが、私はあまり気にならない。「それより、骨密度測定ってやってもらえますか?」と聞いてみた。年齢的にもばっちり更年期だし、リュープリンを続けるとなると今の骨量は知っておきたい。「そうですねー、じゃぁ今日この後、骨密度検査と、血液検査と尿検査をやりましょう」と、すぐオーダーを入れてくれた。血液検査は腫瘍マーカーだが、尿検査は乳腺では初めてだ。聞いてみると尿に出るマーカーもあるとのことだ。

机の上には10センチ角ぐらいの箱が二つ置いてあり、どうやら病理のセカンドオピニオンのために○○大から取り寄せたプレパラートらしい。でも「乳腺からは来てるんだけど、呼吸器からはまだなんです。催促してるんですけど」と言う。ということは、11年前のプレパラートは来てるが、肺のがまだだってこと? 患者から催促すると早く出してくれる場合も多いということで、後で私から電話してみることにした。

診察は一通り終わり、次は隣室(処置室)に看護師さんと移ってリュープリンの注射だ。お腹を出して今日は左側に打つ。終わって処置室側のドアから出て、次は2階へ。検査の受け付けをしてから、まずは採血、次に骨密度測定。ここの器械は左側のかかとで測る。最後に尿検査をして終了。

クリニックを出てから時間を見計らって○○大学病院に電話を入れてみた。プレパラートの件である。受付で呼吸器内科のT先生につないでもらえるか聞いたところ、意外にすんなり回してくれて、すぐにT先生が電話口に出てくれた。用件は察したらしい。プレパラートの件を伝えると、書類が紛れていて遅くなり、昨日病理に行ったところ、既に乳腺外科に貸し出されていたと言う。O先生の話では「乳腺外科から11年前のプレパラートは来たが、呼吸器からはまだ届かない」と言っていたのでその旨を伝えると、とにかく病理からは既に貸し出されているとのこと。結局、T先生からO先生に電話を入れて確認してくれることになった。
後で知ったところによると、プレパラートはO先生のところに既に届いていたらしい。
T先生といい、O先生といい、「まったくもう!」って感じです。