記事一覧

第51回キャンサーボード勉強会

  • 2017年05月16日

『緩和ケア:変わっていくエビデンスと変わらない哲学』
聖隷三方原病院緩和支持治療科 副院長
森田達也先生

一般的な緩和ケアの啓発的な内容とは若干異なるものでした。
始めに、アメリカの VA study の紹介がありました。
「望ましい死の構成要素とは何か」という問いに対して挙げられたのは、
 1 苦痛が緩和されている
 2 意思決定が明確である
 3 死に対する心構えができる
 4 人生を完成させることができる
 5 他人の役に立つ
 6 ひととしての尊厳をたもつ

そして同じstudyで「終末期のQOLとは何か?」という問いに対して、医師と患者が選んだ項目の割合は、それぞれ以下のような結果でした。

 疼痛がないこと:患者93%、医師99%
 病状についてよく知っていること:患者96%、医師88%
 心構えをしておくこと:患者84%、医師79%
 人生が完成したと思えること:患者80%、医師68%

ここまでは大きな差はないようですが、

 意識が明確であること:患者92%、医師65%
 負担にならないこと:患者89%、医師58%
 他人の役に立つこと:患者88%、医師44%

これを見て、医療者は意識を新たにするようです。

森田先生は著書も多数あるようですから、興味のあるかたは本を読んでみるといいかも。