記事一覧

第10回がんサバイバーシップ オープンセミナー

  • 2017年10月04日

「食とこころの健康~魚油を中心に」
国立がん研究センター社会と健康研究センター健康支援研究部長
松岡 豊先生

がんの初期治療後の経過に関わる因子としては、各人のもともと持っている体質(宿主因子)や、そもそもどんな治療をしたか、それぞれの腫瘍の性質(腫瘍因子)などがありますが、唯一、患者が努力して変えられる因子として健康行動、つまり食事・運動等が挙げられるそうです。
また、非感染性疾患の最大の危険因子は食事とも言われています。

欧米では、食事の質と死亡リスクとの関係を調べた臨床試験もあるそうです。
それによると、健康的な食事で死亡リスクが低下するそうです。
お勧めは、オメガ3系脂肪酸を摂取すること。それには、魚食を多く摂ること。エゴマ、亜麻仁、チアシードなどを日常の食生活に取り入れること。果物、野菜、全粒穀物を増やすこと。外食回数やファストフードを減らすこと。
魚食やオメガ3系脂肪酸は、うつ病のリスクも下げるそうです。