記事一覧

第55回キャンサーボード勉強会

  • 2017年11月21日

ファイル 281-1.png

日本医科大学武蔵小杉病院にて
『がん医療における患者・家族-医療者間のコミュニケーション:標準治療後の療養について話し合う』
国立がん研究センター社会と健康研究センター
藤森麻衣子先生

標準治療後の療養という文言から想像していたイメージとは異なり、延命等を目指す抗がん剤治療中止後の終末期の療養という意味でした。
要するに、最初のがん告知、再発・転移、積極的治療の中止などのBAD NEWS(悪い知らせ)を伝える際に、患者は医師に対してどのようなコミュニケーションを望んでいるのか、どうすればより良いコミュニケーションがとれるのかなどのお話でした。