記事一覧

第11回がんサバイバーシップ オープンセミナー

  • 2017年12月05日

「リンパ浮腫とのつきあい方」

がんサバイバーシップ支援部研究員 土屋雅子
 リンパ浮腫とQOL・セルフケア継続のコツについて心理学的にお話します
中央病院 看護師長 鈴木牧子
 リンパ浮腫とのつきあい方

私は18年前にレベル3までリンパ郭清しているものの、リンパ浮腫にはならずに済んでいます。ただ、患者仲間には何人も発症している人がいるし、これから発症するリスクも無いとは言えないので、受講することにしました。
リンパマッサージが最近保険適用になったらしいので、その情報も得られるかなとの期待もありましたが、内容的にはほぼこれまでの知識の範囲。残念ながら新たな知見は得られませんでした。

リンパ浮腫の予防のために、日常生活のなかで禁止するようなことは基本的にはないが、セルフケアが重要であること。セルフケアとは、観察が第一であること。疲れたら休める、これまでと異なる感覚があれば、すぐに医療的な相談をすること、患部を酷使しないということ。ただ、一口に重いものを持たないようにといっても、何キロという目安はない。個人差もあるし、科学的に何キロ以上はNGというエビデンスはない。万が一発症したら初期兆候を見逃さずに、悪化させないことが重要だそうです。