記事一覧

第15回サバイバーシップを語り合う公民館カフェ

  • 2017年12月20日

ファイル 289-1.png

今回のテーマは
「医療者とうまく付き合うコツとマナーとは?」
~発信・行動・可視化を通してがん経験を活かす~

18:30~19:15が鈴木信行先生をスピーカーとしたレクチャー。
鈴木信行さんは、患医ねっと代表でペイシェントサロン協会会長。精巣がんの罹患経験と、StageⅣの甲状腺がんと付き合っているがんサバイバーです。
19:20~20:00がお茶タイム。グループごとに患者として工夫していることやこんな工夫があるなどの意見交換を行い、そのあと、各グループの話し合いの内容を発表しました。
私の入ったグループは7人のうちがん患者は3人。その他はコメディカルや製薬会社のかたでした。