記事一覧

1月11日(木) 今年初めての受診、いきなり休薬

  • 2018年01月11日

12月28日にイブランスを処方してもらってから2週間、きちんと毎日1カプセルを服用し、今日は副作用チェックの血液検査と、残りの服用期間分の処方をしてもらうための受診です。

診察予約時間は10時なので、その前の血液検査の分を織り込んで、いつもどおり朝ドラを見てから家を出ます。ただ、今日はめずらしく1日仕事を休むことにしたので、少しぐらい遅れても問題なく、のんびりです。
電車のダイヤの遅れがあってチェックインは9:18。年末の最終受診日は意外に空いていたのですが、今日の院内はいつもより混んでいる感じ。採血も待ち時間は倍ぐらい。外来の受付をしたのは9:40。待合の長椅子で1時間近く時間がたったころ「〇〇さん」と私の苗字を呼ぶ声が。めったにないシチュエーションで、しかも私の苗字はありふれているので、まさか自分が呼ばれていたとは思わず、フルネームを呼ばれて初めて自分のことだとわかりました。(実は前にも他の診察室から苗字を呼ばれたことがあって、自分が呼ばれたかと思ったら人違いだったことがあるのです。)気づけば、私を呼んでいたのは2週間前にイブランスの服薬指導をしてくれた薬剤師さんでした。
診察室のエリア内にある化学療法相談室なる部屋で副作用等のヒアリングがありました。
申告した副作用は軽い下痢2回、指先の異常(乾燥?)、歯ぐきからの出血1回といったところ。発熱等はありません。血液検査の結果がすでに出ているようで、白血球はかなり下がっている模様です。薬剤師さんとしても初めて扱う薬なので、リサーチも必要のようです。
5分程ヒアリングを受けて相談室を出ると、ちょうど「中待合へ」の表示が出ています。しかし、中待合の椅子が満席になっているので、診察室の入り口が見える待合の長椅子で待つことにしました。
その後、中待合の椅子に空きが出たので移動。診察室に呼ばれたのは、11:20ごろでした。

今年最初なので、一応「あけましておめでとうございます!」とあいさつをし、患者用の椅子に座ります。既に薬剤師さんのヒアリングの情報はドクターの耳に届いているようですが、改めて副作用の内容を報告。体感できる副作用はほとんど大したことのないものですが、血液検査の結果は意外というか、案の定というか、骨髄抑制がかなり強く出ているようでした。
ファイル 292-1.gif
イブランスの添付文書情報(上記)によれば、好中球数が減少すると、その程度に応じて投与量を減量するようですが、その基準に当てはめるとGrade2とGrade3の中間の数値のようです。
Grade定義表はこちら↓
http://www.jcog.jp/doctor/tool/JCOG_kyouyoukijunnchi-CTCAE.pdf
機械で測った値はGrade2のかなりGrade3に近いところで、目視で測った評価はGrade3だそうです(具体的な数値はコピーをもらい忘れ…)。ということで、当面は休薬することになりました。そして1週間後に再度血液検査をし、その値によって次のサイクルの分量を決めることになりました。
私はFECの時も白血球、好中球がかなり下がってフィルグラスチムを打ち、結局毎週通院することになったのですが、それと似たような状況になりそうです。とほほ。(^^;
感染症にはこれまで以上に気をつけなければならないし、発熱があったら抗生剤で対応するよう、クラビットを処方してくれました。

ということで、次の受診日は1月18日(木)です。