記事一覧

1月25日(木) 受診、イブランス再開

  • 2018年01月25日

これまでの診察予約時間は10時半だったのですが、今日の予約はなぜか9時半になっています。本来、早い時間は点滴をする患者さんを優先するはずなのですが、なぜ早くなったのかは謎。早く終わらせたい私としては好都合なので、そのまま診察1時間前の8時半を目指して家を出ます。
しかし、またもや電車のダイヤの乱れで病院到着は8:46。ただし、採血もレントゲンも超早く進み、20分後には腫瘍内科の外来受付ができました。
これまでどおりだと、1時間ほど待って血液検査の結果が出るころに「中待合へ」の表示が出るのですが、待合の長椅子で30分程待っていると看護師さん登場。簡単な事前問診と検温を行いました。そういえば先週も看護師さんの事前問診があったなぁ。一応イブランスは抗がん剤ということになるので、このような対応なのでしょうか。

その後の待ち時間もあまりなく診察室へ。もう2週間も休薬しているし、先週も受診したので、報告するようなことは何もありません。今日の白血球は5000を超えていたので、予定通りイブランスの2サイクル目に入ることになりました。これで好中球減少が再度1000を切るようなら、次からは減量することになります。
腫瘍マーカー(CEAとCA15-3)はこれまでと同様に微増。レントゲンの画像もやや増大。イブランスの恩恵はまだ無しです。
ドクターが検温しようとするので、「さっき看護師さんが計りましたよ」と言うと、「まだ(電子カルテに)入力されてないなぁ」と言いながら、私が「36度台の真ん中ぐらい」と言うと「じゃぁ36.5」と言いながら入力。アバウトやなぁ。
今日の注射を入力し、院内処方を入力し、次回の受診予約を入力してドクターの診察は終了です。

診察室を出ると中待合の椅子がふさがっているので、受付前の長椅子へ移動。すぐに看護師さんが現れて処置室へ移動。そこでポートフラッシュとランマークの注射とフェソロデックスの注射をしてもらうのですが、今日のフェソロの注射はやけに痛かったです。どうやら痛点に当たってしまったらしく、そのままだと薬の注入が難しいので刺し直し。とほほ。夜まで痛かったです。
注射が終わり、会計が終わったのは10時半過ぎでしたが、そこから薬が出るまで30分ほど待たされてしまいました。それでもいつもの受診よりは早く終了。

次回は2月8日(木)の予定。なぜか診察予約時間はさらに早く、9時になっていました。