記事一覧

マスクの効用

  • 2018年01月30日

腫瘍内科医として有名で、他の医師からの信頼も絶大なK医師が「抗がん剤投与中のマスク使用も、私はやる必要なし、と指導しています。夏などは暑苦しくて大変です。」とツイートしたり、講演会で発言したりしているので、「抗がん剤投与中のマスク不要」という情報のみが一人歩きしているような感じがしますが、私は感染症予防のためにマスクはするようにしています。

もちろん、化学療法をやっている間は常に、というわけではありません。基本的に夏はマスクはしません。インフルエンザが危ないかなという12月から3月ぐらいまでの間が基本です。

まず私はメインの転移病巣が肺なので、症状として咳・痰があります。インフルエンザが流行しているときに、電車の車内などで咳をすると、周囲から白い目で見られます。咳をした際に喉から痰が飛び出てしまうこともまれにあるので、その対策のためにマスクは有効です。

ウィルスは小さくてマスクの隙間を通り抜けてしまいますが、飛沫感染はかなりの割合で防ぐことができます。
また、手に着いたウィルスや細菌が口から入ってしまうことによって感染するケースも多いようですが、マスクをしていると汚染されてしまったかもしれない手が不用意に口に触れてしまうリスクが低減します。
鼻腔やのどに元々備わっている防御機能は、乾燥すると弱まってしまいますが、マスクは保湿効果も期待できます。ちなみに、保湿というのはとても重要だそうで、こまめに水を飲んだほうがインフルエンザの感染リスクはかなり下がるようです。

かつて、がんと感染症に関する医療者向けの勉強会に参加したことがありますが、
http://new.life.coocan.jp/risumin/diary/diary.cgi?no=267
がん患者ががんで命を落とすのはやむをえないが、がん患者が感染症で命を落とすのは残念という気がします。

ただでさえインフルエンザやノロは極力感染を避けたいものですが、肺にリスクを抱えていたり、副作用として骨髄抑制がある薬剤を服用している身としては、少しでもリスクを下げたいものです。特に病院は菌やウィルスの密度が高いところ。夏でもなければ、通院時はやっぱりマスクぐらいはしたいよなぁ。