記事一覧

6月19日(土) 主治医に相談する

  • 2010年06月19日

朝9時に、乳腺の主治医が現在勤務しているクリニックに診察予約の電話を入れる。いったんは21日月曜日10時半の予約にしたが、思い直して再度電話し、今日診察してもらうのは無理かどうか聞いてみた。なんとか午後1時半に診てもらえることになった。患者会として関係している会合の予定が午後1時半からあるが、受診優先。会合のメーリングリストあてに遅刻の旨のメールをアップする。

午後1時15分ぐらいに四谷に到着。クリニックへ行き、受付をして待つことしばし。呼ばれて診察室へ入り、昨日検診施設から借りてきた資料を見せる。主治医は特に何も言わないが、やはり悪性だと思っている様子。今日は血液検査をして腫瘍マーカーを測り、来週の土曜日にPETをやってその結果を聞くことにした。他にもがんがないかどうかを確認するのが第一ということだ。他にもあれば、治療法が全然違ってくる。「○○大学の呼吸器外科はどうですか」と聞いたら、「すごく良いわけではないが、すごく悪くもない」という返事。オイオイ、返事になってないゾ! 悪くないというだけ良いかもしれないが、本当は良く知らないだけかも。

ちなみに、クリニックに向かう途中ですれ違ったのは、ひょっとしたら知り合い(以前の同僚)だったかも。とてもよく似ていた。クリニックの待合ではさらに別の元同僚Tさんと会ってしまった。Tさんは、乳腺症の経過観察みたいだ。

四谷を出たのは午後2時半ぐらい。そこから会合の会場へ向かう。3時少し前に会場到着。この会合には懇意にしているS先生も来ていて、休憩時間に少し話ができた。
終了後もS先生と少し話せたが、やはり組織型を調べるのが重要のようだ。「どこでやるかが問題」と言ったら、「うちにも有名な先生がいるけどね」という。家に帰ってから調べてみたら、S先生と同じ病院にはN先生という呼吸器外科のドクターがいて、名医と言われているらしい。他に良い選択肢がなかったらお願いするのもアリかなぁ、などと考える。