記事一覧

3月26日(月) 発熱、臨時受診、イブランスはお預け

  • 2018年03月26日

22日の受診日の翌日、なんだか熱が下がりません。本来であればイブランス4サイクル目の服用開始なのですが、未明に37.7度まで上がってしまったので、あえて白血球を下げる薬を飲むのは躊躇してしまいます。病院に電話してみると主治医は不在だったようですが、看護師さんから服用開始を先延ばししても大丈夫との回答をもらい、今日の服用はやめました。しかも、明日から温泉旅行の予定です。この温泉は絶対に外せないメンバーとの念願の旅行だったため、仕事は一日休むことにし、ひたすら熱が下がるのを祈りました。

しかし、深夜の熱は38.1度。朝には37.3度まで下がっていたので、温泉は決行。37.5度以上になったら飲むようにともらってあるクラビットとロキソニンを服用して出かけます。
昼間はおおむね良好で、夕飯まではなんとか持ったのですが、深夜には39度まで発熱。結局、日曜日の予定はキャンセルして宿をチェックアウト後、家に直帰。すぐ寝ました。それでもその夜は39.9度まで上がってしまいました。

26日月曜日、やむを得ずこの日も仕事を休み、病院に電話して臨時受診を依頼。9時には36度台になっていましたが、並みの風邪なのか、肺炎なのか、薬の影響なのか、診てもらうことにしました。

病院到着は10時半ごろ。自動再来受付機でチェックインすると、採血とレントゲンの予約が入っています。4日前にやったばかりですが、再度、採血とレントゲンをやってから、腫瘍内科の外来受付へ。今日は予約外ということもあり、いつになく待ち時間が長いです。なんだかんだ2時間ほど待ち、ようやく診察室へ。採血結果とレントゲンの画像と聴診器による呼吸音から、「おそらく軽い肺炎」との診立て。念のためCTも撮ってみることになり、CTをやってから再度診察へ。やはり軽い肺炎ということで、次回の診察までイブランスは休薬することになりました。クラビットを追加処方してもらい、あと1週間飲み続けることに。さらに、次回の4月5日にも採血とレントゲンをやることになりました。

病院を出たのは午後2時になっていました。ふぅ。
結局、その夜は37度超えにはならずに済みました。
2年ほど前に高熱が10日間続く経験をしましたが、そこまでひどくならずに良かったです。