記事一覧

10月16日(土) ホルモン治療開始後1回目のCT

  • 2010年10月16日

今日はCT撮影の日。

再発治療の場合は、使っている薬が効いているかどうかを確認しながら行うことが基本。腫瘍マーカーが反応している場合は、血液検査で腫瘍マーカーの値を見ることになるが、私の場合は腫瘍マーカーは今でも正常値。ただ、肺の腫瘤は切除せずにあるので、その大きさ等が判断のポイントとなる。つまり、ホルモン療法をやっても腫瘤が大きくなるようなら、薬剤を変えるという判断になる。
治療を始めたのは8月5日からなので、まだ3か月経っていないが、前回のCTは6/18で、PET-CTは6/29だった。まぁ、1回様子を確認してもいいかなということで、検査することにした。

今回は造影剤を使う予定なので、朝食抜きで家を出る。検査は10時からの予定で、30分前に来院するよう指示があったが、クリニックに着いたのは少し早目の9時15分ごろ。1階で受け付けた後、3階の画像検査センターへ行く。そこでしばらく待つと、CTの器械のある部屋に呼ばれ、検査着に着替える。検査台に乗り、説明をいろいろ聞いて、まずは造影剤なしで3回撮影。次に造影剤を入れて2回撮影した。造影剤を入れて撮影するのは久しぶりで、薬が入った途端に身体がぼわっとあつくなる感触があった。この検査、この先何回受けるんでしょうねぇ。

10時過ぎには検査が終わり、結果を聞くための受診予定10:45のかなり前に乳腺の待合ロビーに到着。受診の受付で、かなり時間が開くので外出してもよいと言われるが、特にやることもないのでロビーで待つことにした。

しばらく雑誌を読みながら待ったが、予定時間を過ぎても呼ばれる気配はない。そうこうしているうちに看護師さんがやってきて、画像の出来上がりが遅れているとのこと。このまま待つか、次の受診の時に結果を聞くか尋ねられたが、まだ用事の時間までには少し余裕があるので待つことにした。明後日に病理のセカンドオピニオンを受ける予定なので、できればその前に状況を確認しておきたい。

ところが、あと10分ぐらいと言われたにも関わらず、11:30を過ぎてもまだ出来上がらない。やっと名前を呼ばれて診察室に入ったが、なんと「申し訳ないが、画像がまだできていないんです」とのこと。画像がなければ先生と顔を合わせていてもやることがないので、夕方にもう一度来ることにし、一旦会計をして午後の用事の場所に向かった。

午後4時半過ぎ。用事を終わらせてクリニックに向かったが、念のため駅から電話を入れて画像ができたかどうか確認してから、再び受診。昼間はロビーに待っている患者さんがいっぱいだったが、この時間は誰もいない。ほどなく診察室に呼ばれ、画像を見ながら状況を聞いた。結論から言うと、変化はないということだ。ドクターの説明には、心なしか残念そうな雰囲気があった。確かに残念ではあるが、それほど期待もしていなかったので、落胆というほどではない。もともとホルモン感受性は弱いし、ゆっくり11年かけて大きくなったものが、そう簡単に小さくなるとも思えない。逆に増殖の速いものであれば、劇的に薬が効くということもあるかもしれないが・・・。
特に大きくもなっていないので、今の薬を続けて更に様子を見ることにした。

次の受診日は10/28だ。