記事一覧

やっとというか、とうとう無職

  • 2018年04月20日

大学を卒業して36年(歳がバレる?)。思いがけず地方自治体の行政マンとして働き始め、福祉や公証事務、広報、情報システム関係など、いろいろな仕事をやってきましたが、今日を最後に、とうとう完全リタイアすることとなりました。

過去にもこの日記に書いたとおり、平成26年3月31日をもって早期退職をしたのですが、
http://new.life.coocan.jp/risumin/diary/diary.cgi?no=114
いろいろ成り行きがあって、そのまま同じ勤務先で4年と20日、週30時間勤務の臨時職員(もちろん給料は4分の1以下に激減)として働いてきたのです。
http://new.life.coocan.jp/risumin/diary/diary.cgi?no=115
↑にも書いた通り、生きているうちに自分で退職金をもらうべく早期退職をしたのですが、元気なうちに実現したいと思っていた悠々自適の「老後」「余生」はちょっとお預け状態でした。それがやっと実現したわけです。
学生時代の長期休暇を除けば、10日以上の予定のない生活というのは物心ついて以来初めて。いったいどんな生活になるのでしょうか。
気になるのは、生活の糧である貯金がものすごい勢いで減っていること。少しはお金の使い方を見直さなくちゃ。大誤算で長生きしてしまったら超悲惨なことになりそうです。