記事一覧

第60回キャンサーボード勉強会

  • 2018年05月15日

ファイル 312-1.png

日医大武蔵小杉病院にて
緩和ケアにかかわろうという医療者は、当然、熱心なかたが多く、どの医療者も「早期からの緩和ケア」を実践しようという意欲はあるようです。
講演の中で、全国の緩和ケアのある病院にアンケートした結果の紹介があったのですが、「他院からの紹介も受け入れる」「治療と並行して緩和治療外来で経過を診ていく」「終末期になってからの初診では遅い」という回答が予想外に多かったのが印象的でした。
しかし現実は、他院からの紹介は拒否しないまでも初診まで時間がかかったり、治療が終わってからでないと実際には診てもらえなかったり、外来で併診するのは難しかったり・・・。これはキャパの問題が大きいのでしょうか。

私は、たまたま症状が急激に悪化しそうな状況のときに他院の緩和治療外来の受診を希望し、そのときの治療の主治医も問題なく紹介状を書いてくれたので、4か月待って受診することができました。受診できたときには既に症状は改善してしまっていたのですが、とくに受診を断られることもなく、入院審査会にかけてもらえました。その緩和治療外来には今でも治療経過報告のために通院していますが、このような状況は稀有かもしれません。そもそも必要性を感じてからアプローチするケースが多いわけですから、初診まで4か月も待ってたら間に合わないという人がほとんどでは?
もっとも、外来でつながっているとはいえ、いざ必要となったときにスムーズに入院できるとは限りません。ただ、必要になってから慌てて探すよりはマシかなという感じです。