記事一覧

5月31日(木) 受診

  • 2018年05月31日

前回(5/17)の受診の際に好中球がギリギリだったので、今日は血液検査をしてから受診の予定です。

往きの私鉄はダイヤが乱れていて、病院に着いてチェックインしたのは9時半過ぎ。採血は12分待ちでほぼその通りに終了。今日は好中球を確認するだけなので1本です。
腫瘍内科の外来で受付をして待つこと35分。中待合への表示が出てさらに35分ほど。中待合では途中で看護師さんによる体温測定と酸素飽和度のチェックがあり、ドクターが診察室の戸を開けて招き入れられたのが10時55分ごろでした。

おはようございますとあいさつをし、椅子に座ってドクターは問診の構えですが、先に「好中球はどうでした?」と私から聞いてしまいました。「それが、下がってないんだよねー」とドクター。どうやら2週間前に1000ギリギリだった好中球は、2週間のイブランス服用にもかかわらず、今日の値は1100ぐらいのようです。「ま、継続だねぇ」とのこと。私からの報告は「特に変わったことはありません。抜け毛が増えたこと、右ヒザに覚えのない痣ができたこと、今週はやたらと足が痙攣すること、爪の変形が気になることぐらいかなぁ。発熱はなしで、咳・痰は相変わらずです。そうそう、前回の受診で会計が4800円って出てビックリしましたよ」。ドクター「あれぇ、変だなぁ・・・」と電カルの画面を確認。今日はほかにやることはないので、ちょこっと雑談をして終了。本日の診察時間は約15分です。
次回の診察は6月14日の予定です。