記事一覧

第61回キャンサーボード勉強会

  • 2018年06月19日

ファイル 314-1.jpg

日医大武蔵小杉病院にて
先月に続いて緩和ケアの話題です。
理想は治療中の主治医と、緩和ケアの主治医とが併診する期間があって、患者自身が軸足をどっちに置くか自分で決められることかもしれませんが、現実にそのような環境に恵まれる患者は、そう多くはないように思います。
そもそも、治療を担う主治医がそのまま最後まで診てくれることが患者にとっては理想なのかもしれません。しかし、集学的治療が必要ながん治療で、特に都会の医療事情では、やはり分業せざるをえないようです。
しかも、ステージ4になってからでも10年以上というのが珍しくない乳がんの場合は、治療医でさえも途中でスイッチしたりするわけですから、二人主治医とか、緩和治療のドクターとの信頼構築と言ってもねぇ。難しいです。