記事一覧

6月14日(木) 受診

  • 2018年06月14日

今日は朝ドラを見てから家を出ます。
診察予約時間は10時ですが、ドクターいわく「これはテキトー」だそうで、結局は血液検査の結果が出た順番と、外来受け付けの順番によって調整しているみたい。ということで、チェックインは9時半ごろ。
そのまま採血→レントゲンと回り、腫瘍内科の外来受付をしたのは9時55分でした。私が行ったときは受付に誰も並んでいなかったのに、私の後には次々と6人も列ができてびっくり。いずれにしても血液検査の結果が出るまで1時間ぐらいは待たなければなりません。
待合ロビーで本を読みながら、途中でトイレに行ったりし、待つこと30分。他の診察室はどんどん患者が出たり入ったりしているのに、私の担当医の番号呼び出し表示はまったく動きません。10時半になってようやく番号表示が動き始め、どうやらここからが診察開始のようです。
私の番号が「中待合へどうぞ」となったのはそれから10分後ぐらいで、更に15分ほど待って診察室に呼ばれました。

前回の受診からの症状報告としては、おおむね変化なしですが、前日未明から昼にかけて下痢・腹痛があったこと、昨夜はむずむず足症候群が全身に表れ、一時的に37.5度の微熱があったこと。2週間の間に1個の口内炎、足・腕のけいれん頻発、咳痰は相変わらず、爪の変形も相変わらず。
きょうは今月最初の診察なので、腫瘍マーカーを測っています。聞いてみるとCEAは微増(83.2)、CA15-3は微減(34.9)で、レントゲンはほぼ変化なしでした。白血球は3600、好中球は1458で問題なしです。
で、積極的に治療変更する要因はないので、引き続きフェソロデックス、ランマーク、イブランスは継続です。
某有名腫瘍内科医のブログに、イブランスに関する気になる記載があったので聞いてみたのですが、特に変わった情報はないとのこと。気を付けて、何かあったら教えてもらうことにしました。(当然のことですが・・・)
イブランスの服薬日誌は3サイクル(12週)分しか書けないので、既に2冊目が終わり、新しいのをもらいました。今日の血液検査の結果をプリントアウトしてもらい、院外処方箋をもらい、次回の診察予約を入れ、診察は終わり。次は注射です。

診察室を出ると中待合も待合ロビーも空いている椅子がありません。どこに座ろうかと考えていると背後から看護師さんに呼ばれ、そのまま化学療法室へ。化学療法室内のベッドのある一角でポートフラッシュ、ランマーク注射、フェソロデックス注射をしてもらいました。
終わって外来受付に書類を出し、自動支払機で会計まで終わったのがちょうど12時でした。病院滞在時間は2時間半です。