記事一覧

国民健康保険の高額療養費

  • 2018年08月10日

4月に仕事を辞めた関係で、公的医療保険が協会けんぽから、区市町村の国民健康保険に変更になり、高額療養費の手続きも変わりました。
協会けんぽは、毎月、自分で申請書を作って送る必要がありましたが、国保は「高額療養費支給申請のお知らせ」という書類が世帯主あてに郵便で届いて、それに必要事項を記入して返送する仕組みです。協会けんぽよりも親切です。注意しなければならないのは、あくまでも世帯主あてであること。
金額も国保側で予め計算してくれているのですが、その自己負担限度額がこれまでより1ランク下の、住民税非課税世帯になっていたので、役所に問い合わせてみました。
すると、私の場合は仕事を辞めてから雇用保険の手続きをしていて、雇用保険受給資格者の離職理由により保険料減額の対象となっていてその手続きもしているため、自己負担限度額のランクが下がったとのこと。

高額療養費の自己負担限度額は、基本的に収入によって決まり、過去12か月の間に該当月が3回以上ある場合は、4回目から金額が下がる仕組みです。しかし、保険が変わるとまた振り出しに戻る予定でした。ところが、振り出しに戻っても上記の離職理由に基づいて減額対象となったので、結果的に前より安くなりました。超ラッキーです。

公的な社会保険制度も、まんざら捨てたもんではありませんね。