記事一覧

8月23日(木) 受診

  • 2018年08月23日

定例の受診日です。病院チェックインは9時13分。

白血球、好中球も安定しているし、PET-CTをやったばかりでもあるので、今日は採血もレントゲンもなしです。
採血がないと、その検査結果を待つ必要がないので、おそらく受付から診察までの時間が短いと予想。案の定、外来受付カウンターで受付を済ませると、ほどなくして看護師さん登場。検温と事前問診を行い、PET-CTの資料を返してくれます。中待合への表示が出たのは9時25分ごろ。そこからあまり待たずにドクター登場で診察室に入りました。

「2週間の状況は?」と聞かれて「まったく変化なしです」。「発熱なし、下痢なし、口内炎なし・・・」と言うと、そのとおり電子カルテに入力している模様。先にPET-CTの資料を受け取って目を通していたので、「PETもほとんど変化なしですね」と言うと、ドクターも「そうだねー」。

検査したクリニックでの所見は「右肺下葉の腫瘤に著変なしで、FDGの集積は若干低下」「左肋骨、左腸骨への軽微な集積出現」「前からあった胸骨、右肋骨、坐骨への集積は若干低下」「そのほかは特に異常なし」ということで、「骨転移の進行が疑われます」とコメントされていますが、前回の画像と比べてみると「これって前回もあって、そんなに変わってないよね」とのこと。「骨転移って、既にランマークやってるし、痛みがなければ特にすることはないんでしょ?」と聞くと「そのとおり」。

骨転移の治療薬であるビスホスホネート(その中で現在はゾレドロン酸がメイン)とデノスマブ(分子標的薬の一つで商品名ランマーク)は、破骨細胞の活動を阻害し、骨吸収(骨が壊れること)を防ぐ薬剤です。しかし、顎骨壊死や病的骨折という問題も知られています。病的骨折を予防するはずの薬の副作用が病的骨折というのもおかしな感じですが、人間の身体や薬の作用機序は、そう単純でないということでしょう。
私の場合、ゾレドロン酸は2013年11月から開始し、ケモ中に数か月の中断があったものの、2016年10月からはランマークに変えて、現在まで5年近く続けています。知人の中にも、顎骨壊死になったり、大腿骨骨折をした人がいますし、注意する必要がありますが、定期的に歯科医院でチェックしてもらっていることもあり、当面のところはランマーク継続です。

今回は追加のイブランス処方と、次回の予約で終了。次回は腫瘍マーカーを測るので、診察前採血は有り、レントゲンはPET-CTを撮ったばかりなので無しです。

診察室を出ると、珍しく同じ主治医の患者仲間に会いました。彼女もイブランスを始めたとのことで、しばしおしゃべり(情報交換)。
会計は診察と処方のみなので420円ナリ。安い!

次回は9月6日の予定です。