記事一覧

9月6日(木) 受診

  • 2018年09月06日

4月に仕事を完全リタイアして4か月。悠々自適の生活のはずでしたが、前の職場から連絡があり、来年3月までのレスキューと言うことで9月から出戻りしてしまいました。そのため、今日の受診後は職場に向かわなければなりません。早めに家を出て、病院に着いたのは8時20分ごろ。採血もそれほど待たずに順番が来ます。「あ、また同じ採血担当者だ」と思っていたら、向こうからも「このところずっと続いてますね」と声を掛けられてしまいました。確かに6月ごろから連チャンで同じ担当者に当たっています。採血ブースは8つぐらいあるので、連続で同じ人に当たるのは珍しいみたいです。

採血の後は外来受付。本来であれば保険証チェックがあるのですが、新しい保険証がまだ手元にないので、今日は10割自費扱いです。次回に保険証があれば、精算の手続きができるそうです。
待合いの長椅子でしばらく待っていると、看護師さん登場。事前問診と検温です。そうこうしているうちに血液検査の結果が出たらしく「中待合へ」の表示が出て、更に5分ほどで診察室へ。
まずは問診。先週、舌先に口内炎ができかけたが、アフタッチを貼ったらひどくならずに治ったことと、久々に胃もたれと胃痛があったことを報告。ただ、胃痛については昔からある症状で、最近は少なかったものが久々に出たという感じで、現在の治療とは関係なさそうです。その他は特に問題なしです。

ドクターの前の画面を見ると好中球のグラフが出ていて、今回は好中球が1000を切ってしまったとのこと。とすると、イブランスの通常投与は無理で、どのように休薬するか決めなければなりません。腫瘍マーカーは完全横ばい状態で、あまり悪化している様子はないので、あと2週間休薬することにしました。サイクルのスケジュールは変えずに、2週間後に採血して好中球が復活していれば、残りの1週間分を服用する予定です。

診察終了後少し待ってから、化学療法室でCVポート洗浄、ランマーク注射、フェソロデックス注射をしてもらい終了。会計まで終わったのは10時5分でした。