記事一覧

第16回サバイバーシップを語り合う公民館カフェ

  • 2018年10月23日

ファイル 330-1.jpg

がん罹患後の家計について
行政マンとして30年以上働いてきた自分としては、残念ながら特に目新しい情報はなかったのですが、一般の人がいかに公的社会保障制度について理解が乏しいかというのを、改めて知らされました。
ファイナンシャルプランナーのかたの講義で最も印象に残ったことは、病気になったときに頼れる順番は
 1 公的医療保険制度(健康保険)
 2 貯蓄や家族の収入
 3 民間医療保険
が現実的なのにもかかわらず、一般の人の意識はまず民間医療保険と考える傾向にあるらしいということ。次に貯蓄や家族の収入で、公的医療保険(や、公的な社会保障制度)は、あまり頼りになるとは思ってないらしい。
民間医療保険は、よほど運がよくないと、貯金してたほうがマシだと思うけど。