記事一覧

第15回がんサバイバーシップ オープンセミナー

  • 2018年12月17日

ファイル 331-1.png

テーマは、「がんサバイバーに対する循環器サポートの必要性」~Cardio-Oncologyの現状と今後への課題~ です。講師は、ご自身でも希少がんのサバイバーである順天堂大学大学院医学研究科 教授の佐瀬一洋先生。
先月、日医大武蔵小杉病院で行われた第65回キャンサーボード勉強会と同じ講師・同じテーマ(ただし医療者向け)です。
http://new.life.coocan.jp/risumin/diary/diary.cgi?no=337
私はそちらも聴講したので2回目となります。
がん専門病院には循環器の専門医がいない場合もめずらしくなく、心毒性のある治療を行う前には、治療前の心臓の状態を把握しておくことや、そもそもその患者が心臓のリスクをどのぐらい抱えているかを把握することが重要とのことです。
ただし、がん治療と循環器の早期からの連携は始まったばかりなので、どのようなサポートが必要なのかのガイドラインはまだないとのことでした。