記事一覧

歯科治療難航

  • 2018年10月31日

口腔ケアはがん治療にとってもとても重要。なので、3か月に1回は主に歯周病ケアのために歯科医院に行っているのですが、比較的頻繁に歯肉炎になるので、9月の診察の際にそのことを相談したところ、左下の被せ物をやり直したほうがいいということになりました。治療自体は30年以上前にやったもので、奥から2本目と3本目が神経を抜いてあり、金属を被せてあります。それを、今なら保険適用で金属でない白い被せ物にできるということで、やり直してもらうことにしました。

治療開始は10月1日。まずはこれまでの被せ物を外します。金属なので外すのも大変。そこに仮歯を入れて1回目終了。
2回目は10月10日。古い被せ物を外した後をガリガリ掃除している最中に、かなりの痛みが・・・。レントゲンを撮ってみても歯根のほうは大丈夫のようなので、時間が経てば落ち着くだろうということで、型を取り直して新しい被せ物ができたらそれをはめるだけということになりました。
しかし、10日ぐらい経った頃からだんだん痛みが出るようになってしまいました。26日には新しい被せ物をはめて治療終了のはずだったのですが、結局嵌めることができずにもう少し様子を見ることになりました。再度2週間後に予約を入れ、念のため痛み止めももらって帰宅。しかし、治療個所の違和感はだんだんひどくなり、31日に臨時受診。どうやら歯の根のところが化膿しているようです。画像には映らなかったのですが、やはり治療しなおしが必要のようです。

結局削って薬を入れてを何度かやり、炎症が治まるのを待つことになりました。

歯の痛みは曲者です。
歯が痛むと思ったら、実はそれは心臓の関連痛で、実際は心筋梗塞だったなんて話も聞きますよね。私の場合は、どうやら治療していた歯の根が原因のようですが、頭痛もしたり、上の歯が痛くなったり、だんだんどこが痛いのかわからなくなっています。

あー、早くすっきりしたいです。