記事一覧

第65回キャンサーボード勉強会

  • 2018年11月20日

ファイル 337-1.png

日医大武蔵小杉病院にて
アンスラ系の抗がん剤やハーセプチンなどがん治療は循環器にも影響のあるものが多く、とても興味深い内容でした。今をときめく免疫チェックポイント阻害薬も、ごくまれに劇症心筋炎になる場合があり、要注意だそうです。また、血管新生阻害剤も作用が血管障害なので要注意です。
がん治療の心毒性は、発生してから対処するのではなく、あらかじめリスクを把握し、予防する方向にすべきとのこと。
患者としても勉強になりましたが、がん治療に関係する多くの医療者に聞いてほしい内容でした。