記事一覧

イブランス(一般名:パルボシクリブ)の副作用

  • 2018年12月20日

CDK4/6阻害薬のイブランス(一般名:パルボシクリブ)を服用し始めてはや1年。ちょうど12クール終わったところです。
腫瘍マーカーは、昨年12月28日の数値が、CEA 61.7 CA15-3 37.7だったのが、今年11月1日の数値は CEA 113 CA15-3 45.2と、効果があるのかないのか微妙なところです。

副作用について、過去1年を振り返ってみました。

■骨髄抑制
好中球減少による休薬は1月と9月の2回。加えて3月末に(おそらく風邪による)発熱のために休薬。いわゆる抗がん剤と違って休薬しても好中球数がもどらない人も多いそうなのですが、私の場合はいずれも休薬して回復したので、減薬せずに再開しました。
添付文書情報では、好中球減少は80.2%の頻度だそうです。

■脱毛
添付文書には、発生頻度20%以上としか情報がありませんが、多かれ少なかれ、抜け毛は増えるようです。
これも、アンスラ系やタキサン系の抗がん剤と異なり、初回投薬後2~3週間でガバッと抜けるということはありませんが、なんとなーく抜け毛が多くなり、服用開始後半年ぐらいでかなり薄毛に。8か月も経つとすっぴんで人前に出るのを躊躇するぐらいになり、薄毛のカバーのためのヘアスタイルに苦労するようになりました。
そこで使い始めたのが部分ウィッグ。通販で人毛100%のものが1万円以下で入手できるので、慎重に品定めして購入。合うかどうかは人によるかもしれませんが、私的には重宝しています。

■疲労
添付文書情報では3割ぐらいに疲労感が出ているようですが、私の場合は、今のところ体感的にはなしです。

■口内炎
これも添付文書情報では2割ぐらいの発生頻度のようですが、私の場合はあまりできません。服薬前の頻度とほぼ同じで、たまにできるが、気になるほどではないという状況です。

以上、副作用は比較的ラクという感じです。
最も厳しいのは薬価ですが、私の場合はフェソロデックスとランマークで、既に高額療養費対象となっているので、薬代がいくら上乗せされても実質タダ。保険財政には申し訳ありませんが、これが公的社会保障制度の本領発揮というところでしょうか。