記事一覧

インフル騒動 ─ 1月31日(木)臨時受診

  • 2019年01月31日

1月27日(日) 同居人が「具合が悪い」と言い出す。やたらと鼻水が出るし食欲もないみたい。このところ猛威を振るうインフルの可能性大。この時点で私の体調には変化なし。

1月28日(月) 同居人は休務日のため、アサイチで近所のクリニックへ。私は仕事。昼休みにメールをチェックすると「ビンゴ」という報告。やはりA型インフルで、ゾフルーザを処方されたということ。うひゃ~、やばいやばい!できるだけ同居人には近づかないように家庭内別居だ。

1月29日(火) 私の朝の体調は普通。ただ、午後からだんだん怪しい感じになり、帰宅後体温測定してみると、なんと38.3度。かろうじてまだクリニックが受付やってる時間だったので、慌てて受診。インフル検査は陰性だったが、家族にインフル患者がいて、肺にリスクがあって、しかも38度超の発熱ということで、状況証拠は十分。予防的にゾフルーザを処方され、帰宅後すぐに服用。同居人はこの時点ですでに熱は下がっている。

1月30日(水) 仕事はもちろん休み。金曜日まで休む予定でひたすら寝る。予防接種もしているし、あまりこじらせてないはずだし、ゾフルーザ服用後24時間経てば熱も下がるとおもいきや、夜になっても38度超。先週のレントゲンで肺に炎症が少しあったし、これは主治医を受診したほうがよいかもと、メールで状況報告。

1月31日(木) 朝の体温は平熱。ただし、朝は熱が下がることが多いので油断はできない。主治医を受診することにし、10時過ぎには病院に到着。まずはインフル検査を受け、採血とレントゲンを受けて待っていると、看護師さんからお呼びがかかり、診察室へ。まだ血液検査等の結果は出ていないそうだが、なんとインフル検査は陰性。あれれ? 一度診察室を出て、しばらくして再度診察室へ。高感度検査でもインフルのウィルス反応はなく、採血も好中球は下がっていない。CRPに至っては先週よりも下がっている。レントゲンも先週に比べて悪くはなっていない。このころから体調も通常に戻っている感触。診察室で検温すると平熱。結局、インフルでも肺炎でもなく「単なる風邪だね」との診断でした。先週の尿検査の結果は、大腸菌が少し出ていただけらしい。念のため抗菌薬(クラビット)を5日分処方してくれて、イブランスは少しお休みしても良いとのこと。

結局、その後に熱は上がらず、そのまま回復。インフルでなかったということで、まだかかる可能性があるのが嫌な感じです。