記事一覧

5月9日(木) ハラヴェン開始!

  • 2019年05月09日

きょうの受診予約時間は9時半。血液検査の結果が出るのに1時間ぐらいかかるので、1時間前にはチェックインして採血するのが常ですが、時間に余裕ができた今となってはできるだけのんびり行きたいところ。そこで、朝ドラを見てから家を出て、病院に着いたのは9時15分でした。さすがに受診予定時間前にはチェックインです。

採血はするすると終わり、外来受付をすると見知った顔を発見。同じ主治医の数少ない患者仲間です。半年以上ぶり! いつもどおり1時間ぐらいは待つ覚悟で、動画でも視ようとタブレットを持参していたのですが、結局はずっとおしゃべりで終始しました。

彼女は私の前に診察に呼ばれて、私はその次でした。
診察室に入るといつもどおりまずは問診。連休の前半に1度下痢をしたこと。先週は右腋窩に痛みが出たこと。2、3日前に右側に腰痛があったこと。いずれも一過性のもので改善したので、様子見状態です。血液検査の結果は特に問題なし。CEAは微増で、CA15-3は横這いです。なぜか炎症もないのに白血球が基準値超過。いままで骨髄抑制の働きがあったイブランスが無くなったので、「重石が無くなって跳ね上がったのかも」とドクター。熱もCRPも問題ない数値なので、予定通りハラヴェンの投与を行うことになりました。
病院としてはBRCA変異の検査は既に可能な状況だそうですが、遺伝カウンセリングをどうするかなどについて詳細を詰めているそうです。私としては焦る必要はないので、体制が整うのを待つばかりです。
先月のCTの結果レポートを印刷してもらい、きょうの血液検査の結果を印刷してもらい、去痰薬、鎮咳薬のほかに発熱に備えた抗菌薬と、吐気止めを念のため処方してもらい、来週の予約を入れて診察は終了です。

診察室を出てから隣の化学療法室に入り、担当者に「初めてなんですが」と声を掛けます。血圧を測って待機の椅子に座って待っていると、5番のリクライニングに案内されました。そこで薬が届くのを待ちながら看護師さんから初回の説明を受けます。その後、薬剤師さん登場。薬の投与スケジュールや副作用などについて説明してくれました。

点滴する液体は3種類。3年半の間、無用の長物だったCVポートの再登場です。最初に吐気止めのデキサメタゾン。そしてハラヴェンが5分程度で、最後に生理食塩水を流します。途中で検温と血圧測定と酸素飽和度を測ります。脱毛率は50%ということで、以前に使ったウィッグもシャンプーしてスタンバイしてあります。30分ほどで点滴は終わり、会計して終了ですが、ちょうどランチの時間になったので、久々に院内のレストランで日替わり定食を食べました。

次回の受診は5月16日木曜日です。