記事一覧

脳転移以降の推定経過と転院などの状況

  • 2019年11月03日

2019年5月9日 2度目の抗がん剤(ハラヴェン)の治療開始

これ以降、脱毛が増え、副作用としての味覚障害を強く感じる(これは前回と同じ)
発熱、だるさ、口内炎、下痢、便秘はとくになし
レントゲンの画像は微増悪という感じだが、白血球数・好中球数に問題はない

6月27日 ブログの最終更新日 これ以降、本人の自筆記述はなし

8月10日 お墓参り 名栗温泉 飯能のムーミン谷(メッツァビレッジ・ムーミンバレーパーク)へ行く

8月24日 乳がんのフォーラム(2019年 第18回かながわ乳がん市民フォーラム)に出席するが終了後の反省会でそれまでのような知的鋭さに欠ける

このころから食事に興味が薄れ、分量も減る
アイスクリームなどを食べても美味しくないと言う

終活の一環として進めていた年金受給申請の書類に不備や間違いが多く指摘されるなど、事務的処理能力に陰りが多く見られる

9月20日 腫瘍内科外来を日付を間違えて来診し、対話の内容にちぐはぐな感じを受けた主治医により脳のMRIを行い脳内腫瘍の転移を発見

直径50ミリ前後の腫瘍が右脳・左脳各辺に3つくらい、その他小片がまばらに散在し、脳幹にも見られる
この状況で運動能力や各種知覚にこれといった症状が見られないのはむしろ稀有な状態ではないか

9月21日 そのまま神奈川県の某病院脳外科に救急入院

脳の腫れを抑える点滴処置ならびに経過観察(連休を挟むため)

ノバリス(定位放射線照射専用に開発されたリニアック照射装置。多方向から照射される放射線をビームごとに強度を変化させて照射する強度変調照射<IMRT>などの多様な治療計画を可能とするソフトウェアと,精度の高い照射技術,赤外線とX線の監視システムによる体動追跡,微修正機能などのハードウェアが最適に融合した世界最高の装置)による放射線全脳照射ならびに局所重点照射

(9月30日~10月15日間の10回に分けて、各回10分程度照射)

いくつかの交友関係方面に状況をお伝えしたところ、お見舞い等多数来客あり

だいたい対人認識できるらしく笑顔で対応することもあり

ただし数日後に忘れてしまうことや、記憶が混乱することも日によっていろいろである

これまでの本人の状況を知る方々は、「とても残念」な印象をお受けになるが、当人はあまり深刻そうな様子ではなく、穏やかである

長期記憶は概ね保持されているが、直近の事象に対しての認知程度は低下(この傾向は入院時から3週間の間に大きな変化はない)

日にちや曜日の認知が混乱、道具(PCやスマホ)や器具(カードキー)の使用法が分からなくなる、眼前の文字列に捉われる、など

問いかけに対して「解らない」と答える場合が多くなる

食事量は多くはないが食べられないわけではなく、億劫な感じ
歩行能力は弱っているができないわけではない

自分から意識的に発言はしないが言語は理解でき反応はする
感情的には落ち着いていて、鬱的ではない
ある種の諦念のような雰囲気を醸しだしている

10月16日 院内移動にて脳外科より腫瘍内科ベッドに移る

脳外科にての治療行為は終了 今後は定期的に効果観察
体力低下等を鑑み、抗がん剤は以後休薬し、緩和ケアへの移行を念頭に、今後の転院先を模索する方向で対応を検討する(担当医・ソシアルワーカ同席)

上記方策の決定まで、現状にて入院継続となる

ほぼ一か月の入院・加療後、主治医との相談により転院希望のオーダーを出す

直後に、これまで外来で並行受診していた緩和ケア病棟を有する病院から、受け入れ可能との返信あり
この進捗状況は異例の速さとのこと

10月24日、都内某病院の緩和ケア病棟に転院 放射線治療の効果・影響についてはいまだ大きな変化なし

車椅子にて展望デッキ等に出て寛ぐなど、精神・身体的に安定していて、緊急な状況ではないが、予断は許されず、現在に至る

11月2日 記載 (文責 かわせみ)

参考ブログ

リスミンの乳がん日誌
http://new.la.coocan.jp/

リスミンの乳がん日誌Part2
http://new.life.coocan.jp/risumin/diary/diary.cgi