記事一覧

肺がん疑いとなって考えたこと

  • 2010年06月20日

一般健康診断のレントゲンで二次検査指示が出て、二次検査のCTを受けたら肺がん疑いということになってしまった。
さっそく同僚の中で最も仲の良い3人に、携帯メールで肺がんの可能性大ということを知らせる。みんな温かい返事をくれた。

11年前に乳がんと診断された時と同様に、自分の状況を確認してみると、やはり「検査や治療はいやだなぁ」と思っていても、あまりショックは受けていないみたい。動揺もしていない。
軽く考えているというわけでもないのだが、最悪の場合でもあと2~3年は持つのではないかという気がするし、乳がんの転移だったとしても、これまでの経過を考えると5年ぐらいは持ちそうだ。肺がん原発で初期だとしたら、治癒する可能性もそれほど低くはない。
仕事への影響が一番気になるところだが、特に私がいなくなって困る人はいないし、そもそもそんなに長生きしたいと思っていない。ここで自分の人生が終わったとしても、「まぁ、結構良い人生だったかな」と思える気がする。夫も全然動揺していない。

よく、「がんと宣告されて頭が真っ白になった」とか、なんとか生き延びようと色々な治療法を求めてジタバタする人の話を聞くが、私はその気持ちがさっぱり分からない。とにかく痛いのや苦しいのはできるだけ避けて、ころ合いを見計らって身辺整理をし、最後の1ヶ月ぐらいは病院のお世話になって、あまり手こずらせずに人生を終えたい。
生きているうちにどうしてもやりたいことは?なんて考えてもあまりない。会いたい人もいないし、看取ってほしい人もいない。せいぜい仕事で迷惑をかけないようにしておきたいってことぐらいかな。