記事一覧

ザンクトガレン2011

  • 2011年05月21日

今年は大震災直後の開催だったせいか、世間的にも個人的にも、ザンクトガレンに対する興味が少々薄かったように思う。
ふと気づくと「そういえば、今年やったのよね」という感じ。

これまで予後因子として重視されてきたリンパ節転移や脈管浸潤や腫瘍径などの比重が低くなり、ホルモン感受性、HER2、細胞増殖能のマーカーと言われるKi67が中心となっている。

ただ、ザンクトガレンはあくまでも原発乳がんの治療に関するもの。再発治療中の身としては、ほとんど無関係だ。

自分の過去の病理を当てはめてみると、おそらくLuminalAだったのではないかと思う。HER2は陰性、ERは弱いながらも陽性。12年前なのでKi67はもちろん測ってないけど、11年かかって15mmになるぐらいなので、おそらく低いであろう。だから、ホルモン療法のみで化学療法をやらなかったのは正解だったわけだ。でも、どんなにリスクが低くても、再発する可能性はゼロではない。

CYP2D6については、ブームは沈静化しているようだ。タモキシフェンが本当に効いているのかどうかを判断するのは、術後補助療法の場合は非常に気になるところだと思う。でも、再発治療だとCYP2D6も関係ない。腫瘍が小さくなっていれば効いているってことだし、大きくなってくれば薬剤耐性ができちゃったってことになるわけだ。

肺の腫瘤がいつまで大人しくしていてくれるかは神のみぞ知るといったところだが、見えない敵と戦っているという状況よりはマシかも、なーんて考えることもある。