記事一覧

腫瘍壊死因子アルファ(TNF-α)の2面性

  • 2011年06月23日

昨日、NHKのためしてガッテンで歯周病と糖尿病のびっくりするような関係の話を知ったので、歯周病治療を続けている私としては、少々深く勉強したほうがいいかしらん?と、いろいろググってみた。

…で、さらに驚く知識を学んだ。
歯周病菌が多いと、それに反応してマクロファージが出す物質(サイトカイン)が、インスリン阻害物質でもあり、歯周病が進行すると糖尿病も進行するという悪循環に陥るという。そのサイトカインを調べてみると、腫瘍壊死因子アルファ(TNF-α)という物質であることが判明。「腫瘍壊死」という名称に???となって調べてみたら、以下のような記事を発見した。
http://blog.goo.ne.jp/kfukuda_ginzaclinic/e/f01fc0408b716c98e1b7a8ff508a6cc2

要するに、良い作用も悪い作用もあるので、うまくコントロールしないとドツボにはまるということらしい。

特に「がんに効くと宣伝されているサプリメントの多くが、マクロファージを活性化して、がん細胞に対する免疫力を高めることを強調しています。しかし前述のように、がん患者において、TNF-αの体内での産生を高めることは、良い面と悪い面の2面性があるので注意が必要です。」という指摘には、「やっぱりサプリメントはリスクが大きい!」と納得してしまいました。