記事一覧

6月26日(土) PET検査を受ける

  • 2010年06月26日

最近、具体的には二次検診を受けてからだが、かなり咳が出るようになった。妙な感じ。結節が気管支に近いところだということの証拠だろうか? あるいは全然別の理由だろうか?

今日はPET-CTを受ける日。血糖値が低いほうが良いらしく、朝食は食べないで来いという指示だ。9時10分前ぐらいに着く予定だったのが、少し早目の20分前ぐらいに着いてしまった。もう受付OKということなので、3階のPETセンターへ行く。
まずは水をもらって、検査着に着替える。呼ばれてFDGの注射をする。メインに説明をしてくれた看護師さんは、注射後は私に寄りつかない。
注射の後はいくつかある個室の一つに入る。そこでぼーっとテレビを見ながら待つことしばし。確か40分ぐらい待つんだったかな。途中で1回、トイレへ。
意外に早くインターホンで呼ばれて、またトイレを済ませてから茶色の椅子で待つと、すぐにPETの撮影室へ。ほとんどCTと同じような感じで20分ぐらいで撮影終了。そのまま元の個室へ行き、また休憩。これは放射線が半減するのを待つのだ。インターホンで呼ばれて検査室を出て、着替えを済ませ6階の診察室へ。10分ほど待合で待っていると診察室に呼ばれた。

診察室に入ると、さっき撮影したばかりのPETの画像がモニターに出ている。O先生から説明を聞くと、集積はおそらく1か所のみとのこと。この状態だと、次は気管支鏡で組織検査という段取りになる。どこの病院にしようか、先生といろいろ話しながら、やっぱり○○大にしようということになった。勝手知ったる病院だし、設備等に不足はないし、交通の便もいいし。
検査は呼吸器外科ではなく、呼吸器内科になるらしい。O先生は、最近○○大呼吸器内科の教授になったI先生とは面識があるらしいが、教授あてに紹介状を書いても「どうせ初診担当のドクターになるでしょう」とのこと。紹介状と資料はすぐには準備できないということで、火曜日に取りにくることになった。
血液検査の結果は何の問題点もなく、腫瘍マーカーは上がっていない。O先生の雰囲気は先週と少々違っていて、「がんとは限らない」と言う。がんじゃないとしたら、何の可能性があるのかと聞いたら、結核性の炎症でもこのような結節ができることがあると、昨日の乳癌学会でも話が出ていたとのこと。ふーん。