記事一覧

6月29日(火) 呼吸器内科受診

  • 2010年06月29日

今日は、もともと予定されていた胃の内視鏡検査の日だ。肺の手術とかになったら胃がん検診もやりにくいので、さっさと済ませてしまうことにした。仕事も特に立て込んでいないので、検査の後は休暇をとり、丸一日休みにした。可能なら、その後○○大の呼吸器内科を受診しようという計画だ。

まずは朝食抜きで、検診施設へ向かう。3階でエレベーターを降りてから、今日は3階でなく5階の内視鏡センターだと気づく。5階へ行くと、受付順は5番目。問診を受け、凍っている麻酔薬をなめてしばらくすると検査室へ呼ばれた。担当医は女性。胃の内視鏡は昨年初めて受けて、とても苦しかった。今回は画像をしっかり見るが、やっぱりかなり苦しい。
ちなみに昨年はバリウムで引っかかり、二次検診で内視鏡を受けた。5ミリのポリープと、逆流性食道炎と、潰瘍性びらんという指摘。ただし特に治療は不要という診断だった。
今年はバリウム抜きで、最初から内視鏡である。1年前のポリープは同じところにみつかったが、これはあえて採って検査をする必要はないということだ。

9時半ぐらいには検査は終了。そこから四谷に向かう。クリニックに行き、1階の受付で紹介状と資料の件を申し出るとすぐわかり、少し待つとそこで資料と紹介状を渡してくれた。今日の会計はないということで、紹介状の費用は、いつどこで払ったのかしらん???
そのままお茶の水に向かったが、時間が少し早め。ぼーっとしていると、うっかり反対方向の電車に乗ってしまい、信濃町であわてて降りる。お茶の水方面行きに乗ろうとするが、東西線の事故の影響で、電車がなかなか来ない。15分ほど待ってやっと来た電車に乗り、お茶の水へ。駅を出てコンビニを探し、PETのプリント画像のカラーコピーを取る。それから久々の○○大へ。いやー、受診で来るのは何年ぶりだろうか。
受付の案内補助のところで初診申請を書き初診受付へ出す。少し待つと、ひとそろい書類を作ってくれて3階の呼吸器内科へ。呼吸器内科は、以前良く受診した形成外科の向かい側ぐらい。リューマチなどの診療科と一緒だ。
カウンターに書類を出すと、問診票を書くように指示される。問診票を出すと、「31番から呼ばれますが、1時間ぐらいはお待ちいただきます」ということ。行くところもないので、朝抜きなので少々お腹は空いていたが、そのまま待合で持参の本を読みながら待った。

ちょうど12時を過ぎたころに、31番の診察室から呼ばれる。初診担当はT先生という医師。私がCTのCDと、PETの資料を出すと、「これがあったんだー!」という。先に出してくれれば、診察までの間にコピーしておけたらしい。これからコピーを頼むということで、少し席をはずしてから戻ってきた。私は一通りこれまでの経緯を説明し、医師は紹介状の中身や、PETのプリントアウトを見ながら、「ちょっと集積が薄いなぁ、がんだともっとはっきり集積するんだけど。でも調べてみないと分からないね」という。
胸部レントゲンと、CTと、PETの所見は見たらしく、「私としては、さっさと組織検査をしてほしい」というと、「まぁ、これだけ(画像検査を)やったら、あとはそれしかないね」といって、入院予約を入れる。
気管支鏡は日帰りでできると思っていたので、「入院するんですかぁ?」と聞くと、この病院では2泊3日の検査入院とのこと。いつごろになりそうか聞くと、再来週当たりという。まー、しょうがないなぁ。ということで、次のステップとしては、検査入院の日が決まったら電話連絡が来て、入院し、検査結果は更に2週間後ぐらい。
診察室を出て、会計へ行くと「次の診察予約も、お薬もないんですね?」と不思議な顔をされてしまった。CDについては、まだ受付には来ていなくて、放射線部のカウンターで受け取るように指示される。放射線部で名前を言うと、すぐにCDを渡してくれた。しばらく待って会計を済ませ、午後1時。さて、お昼をどうしよう。
ぶらぶらとお茶の水の駅の方へ行き、結局、昔良く行ったスカイラークガーデンの後にできたレストランへ行き、ランチセットAを食べた。それから新宿の都庁へ行き、先週申請してあったパスポートを受け取って帰宅。結構早く用事が済んでしまった。

夜、O先生に受診の報告のメールを出す。○○大の形成のM先生にも、検査入院することになったということと、ひょっとしたら右胸を切るかも知れないということをメールした。