記事一覧

10月4日(金) 臨時に受診

  • 2013年10月04日

9月の中旬から続いていた微熱は段々高熱になり、39度になることもありました。毎日、夜は38度台、朝には平熱になるというのの繰り返しです。
通常、38度以上の熱が出る際は、悪寒があったり顔がほてったり、ぐったりだるかったりするものですが、特に変わったことはなし。咳は別として淡々と熱が上がったり下がったりしている感じ。解熱剤は1回だけロキソニンを飲んでみましたが、どうやら飲んでも飲まなくても同じみたいです。

咳は相変わらずひどいですが、なぜか血痰は少なくなってきました。ありがたいことに左を下にして横向きに寝るとほとんど咳は出ず、夜眠れないということはありません。

同居人が「肺炎なんじゃないの?」とか「急変しても僕はどうすればよいかわからん!」と不機嫌なので、臨時に診察の予約を入れました。(急変ってなんだ!?)

そうこうしているうちに、10月2日の朝、職場の入り口ですってんころりん。雨でぬれた床に滑ったみたいで、右足の土踏まずあたりをひねってしまいました。いろいろ動かしてみましたが、骨が折れたりしている様子はないので、手持ちのロキソニンテープと手持ちのサポーターで対処。2日後が受診予定なので、足も診てもらうことに勝手に決めます。

さて、職場を午後3時半に出てクリニックへ。足が痛いのでいつもより時間がかかりますが、階段も上り下り可能だし、やはり重症ではなさそうです。

4時15分ごろに受付、ロビーでは5分ほど待って名前を呼ばれました。

診察ではまず足の件を申告。もしレントゲンを撮ることになれば先のほうが良いと考えたのです。ドクターは私の足をいろいろひねってみて、「これは痛いですか?」「これは?」と聞きますが、いずれも「痛くありません」。はれもないし、色も変わっていなし、どうやら骨が折れたり、筋を痛めたりはしていない様子。レントゲンは撮らずに、このまま自然治癒を待つことになりました。

次に、先月の血液検査の結果を聞いてみると、CEAの値が初めてほんの少し下がって(9.4→8.4)いました。超過していた1CTPもぎりぎり基準値内に。ただ炎症反応や細胞破壊を示唆するCRPは7.21と高くなっています。
今回の受診の目的は、血液検査の結果を早く知るためでなく、次に予定しているPET-CTを早めてもらうこと。元々10/17の受診の際に検査予約をしましょうということだったのですが、それではかなり先になってしまいます。熱も気になるので検査を早めてもらうことにし、10/12にPET-CTをやることしました。

もう一つの目的は咳対策。薬を増量するか、別の薬にするか、はたまた他の対策があるか?
別の薬といっても、リン酸コデインは、ドクターとしてはまだ早いと思っている模様。私がネットで見つけたノスカピンという薬は試してみても良いかもとの意見。こういうことはやってみなければわからない。
メジコンは増量しても良いということで、去痰薬も併せて処方してもらい、とりあえず1週間様子を見ることにしました。

さっそく帰りに近所の薬局に寄り、薬をもらって帰宅。
夕食後にメジコン2錠(15mg×2)とムコダイン1錠(500mg)を飲んだのですが、お薬手帳をまじまじと見て愕然としました。なんと、もともとメジコンの処方は1回2錠ではありませんか!
メジコンはこれまで何度も処方してもらい、確かに1回2錠飲んでいた記憶があります。しかし咳が出なくなり服用を中止して1年以上経つので、すっかり忘れていたみたい。8月下旬から咳が出始め、手持ちのメジコンを飲み始めた際に、完全に1回1錠と思い込んでいたようです。でも、「1回2錠に増量」と言ったとき、ドクターも気づかなかったのかしらん???
まぁ、これまでより増量していることは間違いないので、とりあえずこれで次の受診日までは様子をみることにします。