記事一覧

薬と食欲

  • 2013年10月05日

がんという病は症状が一律でないため、普段と変わったことがあると、それががんの症状なのか、あるいは薬の副作用か、はたまた別の病気か、まったく関係ないか、わからずに困ることが良くあります。

実はこの夏まで、やたらと食べるものが美味しく感じ、本能のままに食べると体重急上昇という状態でした。自分で作った何でもないご飯が「なんて美味しいんだ~」と感じ、そうとうヤバかったのです。(ある意味幸せ)
ところが、夏の中ごろから食欲が落ち、何を食べても美味しくありません。
変わったことと言えば、薬をTAM(タスオミン)からAI剤(フェマーラ)に変更したこと。
8月下旬から咳もひどくなっているので、がんが何らかの影響を及ぼしているのかもしれませんが、薬の副作用という可能性はおおありです。

食事が美味しくないというのは少々(いや、かなり)さびしいですが、ダイエットにはチャンス! しかし、あまり量を食べていないにも関わらず、なかなか体重は減りません。何とかならないでしょうかねぇ~。