記事一覧

10月12日(土) PET-CT&受診

  • 2013年10月12日

9月の末から10月初旬の1週間ほど、朝は平熱なのに夜になると38度台の発熱というのが続いており、「ひょっとしたら肺炎かも」という心配もあったので、検査を早めてもらって今日がPET-CTの日です。

9時40分に受け付け。その後3階の画像検査センターでまずは検査着に着替え、身長・体重の測定と検査の説明、問診等があります。
仰向けになると咳が出るということを申告してあったので、その件について少々検討。様子を見て少し横向きで撮影するか、時間を短くするかしましょうということに。水を受け取って検査センターに入ります。
FDGを注射して安静室に入ります。40分ほどして名前を呼ばれ、トイレに寄ってから検査室に。一旦検査台に仰向けになり、咳は大丈夫そうということになり、撮影。終了後はまた安静室で20分ほど休憩し終了です。

検査結果がでるまで少々時間があるのと、朝食抜きだったので、一旦外出し、朝昼兼用のブランチを食べに出かけました。

午後1時過ぎぐらいにクリニックに戻り、6階の待合いへ。しばらく待って名前を呼ばれ診察室に入ります。

PET-CTの検査結果は、あまり良くないものでした。
肺の腫瘍は7月のCTの約30mmからまた少し大きくなっており、35mmぐらい。ただ、腫瘍径以上にそれが気管支をふさいで右肺下葉の7割ぐらいが閉塞状態のようです。閉塞している部分は要するに窒息状態なわけで、炎症を起こしている可能性もあるとのこと。
もう一つ、胸骨に集積が見られ、骨転移と思われるとのことです。
脳や肝臓などは、今のところ転移は見られない。

7月にTAMをAI剤(フェマーラ)に変えてから腫瘍マーカーも下がらないし、腫瘍も大きくなっているので、ドクターとしてはもうホルモン療法は効かなくなっているとの判断らしい。化学療法へのスイッチを勧められました。第一選択はパクリタキセル(アブラキサン)とのこと。
骨転移もほぼ確定なのでゾメタも。

私としてはQOLを最優先にしたいのですが、仕事の都合上、「あと1年は何としても仕事ができる状態にしたい」というと、「このままでは(効かないAI剤を続けるのであれば)、1年なんて悠長なことは言っていられないですよ」と言う。
腫瘍の状況によっては、突然呼吸困難になって救急搬送が必要になることも無いとは言えないらしい。

ドクターは「今すぐ決めなくてもいいですし、セカンドオピニオンも受けてみたらどうですか」と言いますが、とりあえずはフェマーラをアロマシンに変更し、様子を見ながら次の手を考えることにした。
いずれにしても、来週10/17はリュープリンのために再度受診する予定なので、それまで考えることにしました。

今日のところは、アロマシンと抗生剤と鎮咳薬と去痰薬を処方してもらい終了です。