記事一覧

10月17日(木) 受診

  • 2013年10月17日

12日のPET-CTの画像を見てから、深呼吸ができなくなっていることに気が付いた。ずーっと咳ばかり気にしていたので気づかなかったのだが、右肺下葉が腫瘍のために閉塞していてかなりの部分が機能していない(つまり息がちゃんとできない)ことに、ようやく自覚した次第。
今日はもともと4週ごとにリュープリンを打つために予約した日だが、12日に確認できなかったことなどを色々聞いてみるつもりだ。

午後4時半の予定時間より少し早めの4時に受け付け、6階の待合いへ。だが、今日はいつもより診察待ちの人が多く、呼ばれたのは結局4時半。
診察室へ入り、まずはいつもの通り状況を聞かれます。
13日からAI剤をアロマシンに変えて、特に大きな問題(副作用)はなし。
咳は相変わらず出るが、特にひどくはなっていない。ムコダインも効いている感じ。
熱は出なくなり、おそらく肺炎だったと思われるのは10日ほど前までではないかと思うと言ってみたが、14日分処方した抗生剤は最後まで飲みきるようにというのがドクターの指示。

セカンドオピニオンについて。実は前回の受診時にはセカンドオピニオンを受けるつもりはなかったが、他のドクターの意見を聞くとしたら、今このタイミングが最適と思い直し、個人的にも面識のあるK先生のセカンドオピニオン外来を予約した。診療情報提供書と画像資料をお願いすると、それは問題ないので受け付けで申請するようにとのこと。

ゾメタについては特に拒否するつもりはなく、逆に積極的に受けようと考えているので、来月の受診からリュープリンと一緒に4週に1度のスケジュールでやることにした。
ただ、ホルモン療法については、アロマシンの効き具合を見た上で高用量トレミフェンやフェソロデックスも試してみたいと言ってみたが、ドクターは渋い顔。確かにホルモン剤は効果が出るのに時間がかかるし、効果測定も難しい。化学療法へのスイッチのタイミングを逃してしまうリスクがあるのは理解している。ただ叶うことなら、私は最後まで化学療法せずに済ませたいと考えている。結局、この件はセカンドオピニオンでK先生の意見を聞いてみてくださいということになった。

気になっている卵摘について再度聞いてみたが、全身麻酔を必要とするので、今の肺の状態では勧められないとのこと。全身麻酔でないと手術できないか聞いてみたが、それは難しいとの答え。リュープリンで同じ効果があるのだから、リスクを冒してまで卵摘するのは反対ということだ。(でも、いよいよ症状が悪化して緩和ケア病棟に入院するようになったときに、生理のことを気にしなきゃならないのはいやだなぁ。緩和ケア病棟でリュープリンだけ打ってもらうなんてことできないだろうし…)
結局この件も「K先生に聞いて」ということになった。

診察後は処置室でリュープリンを打ってもらい、11月16日から開始することにしたゾメタについて説明を受け、点滴の施設等の見学もした。診療情報提供書について受け付けに申し出ると、出来上がってから取りに来る必要があるとのこと。郵送でも可能とのことだが、今日これから受ける血液検査の結果も早めに見たいので、11月16日とは別に10月26日の受診予約も入れた。

最後に採血をして終了です。

コメント一覧