記事一覧

転院準備

  • 2016年12月18日

12月9日の受診の際に年内の転院を迫られる事態になってから、あちこち手配を開始。

今回、転院先に決めた病院は、10月15日に主治医の異動を聞いてから2か月の間にいろいろ検討し、6つの転院候補のうち第1位に考えていた病院であり、3年前にセカンドオピニオンで受診したところでもあります。担当になる予定のドクターには面識があるため、たまたま数日前に打診をしてあって、通常の手順で初診の予約をとればOKとの確認済みです。
そこで、さっそく初診予約をとるべく9日の午後に電話をしてみたところ、紹介状(診療情報提供書)が手元にないと予約を入れられないとのこと。近日中に郵便で送られてくる予定なのですが、手元に届いてから予約してくださいと受け付けの人に言われてしまいました。とっさのことで「手元にあります」とウソがつけずに予約は断念しました。

翌日の土曜日にクリニックに電話し、紹介状がいつごろ届くのかを確認したところ、遅くとも来週中には届くとのこと。
実際には12日の月曜日午後には宅配便で届けられました。
そこで13日火曜日の朝に改めて初診予約の電話を入れたところ、まず通常の手続きで一番早く初診予約が入れられるのは1月16日であること。その上でこれまでの主治医から紹介状の内容を病院あてに事前FAXするようにとの指示がありました。なんだかいろいろ手間がかかります。紹介状の内容によって緊急の受診が必要と判断される場合は、初診予定が前倒しになる場合もあるようです。
今度はこれまでのクリニックに電話してみると、主治医は14日水曜日まで遠方にいるため、FAXできるのは一番早くて15日木曜日の朝になるとのこと。やむをえないのでその内容でお願いし、同内容をメールでもお願いしておきました。主治医からは「木曜日の朝一番に対応します」とのお返事をいただき、転院先のドクターからは15日木曜日の夕方に「紹介状を受け取りました」との連絡をいただきました。

ということで、とりあえず後は初診予定が変更になるかどうかの連絡待ちです。ふぅ。(^_^;)

【追記】
転院先のドクターから「紹介状を受け取りました」という連絡のあと何度かやり取りをし、腫瘍マーカーの推移と最近の画像データを送ったところ、「このまま無症状であれば、1/16に次のフェソロデックスで十分問題ないと思います。」との見解をいただきました。
ですので、特に変わったことがない限り、1/16が転院先病院の初受診です。

12月9日(金) CT&受診 フェソロデックス4回目

  • 2016年12月09日

今日は9時からCT検査なので、8時半にチェックイン。採血を受けてから画像診断センターに向かいます。
待ち時間の間に看護師さんから飲食の状況(朝食抜き)等について確認があり、予定時刻の9時ごろに名前を呼ばれてCT検査室へ。カーテンで仕切られたコーナーで検査着に着替えます。
検査着になって検査台に仰向けになると、まず造影剤のルート確保。そして撮影。造影剤なしで頭部と体部を撮影後、造影剤を入れて再度撮影しました。

CTは30分余りで終了。診察は12時半の予約なので一旦外出し、朝ご飯を食べます。いつものファミレスでモーニングセットを食べ、クリニックに戻ったのは10時半ごろ。予定時間よりかなり早いですが、待ち合いロビーで本でも読んで時間をつぶそうと考えていると、意外に早く名前を呼ばれました。まだ11時ぐらいです。このぶんなら午後からの仕事に余裕で間に合いそうです。

さて、診察室に入ると真っ先に「咳はどうですか」と聞かれました。どうやらCTの結果はあまり良くなく、肺の腫瘍は増悪している模様。腫瘍マーカーCEAも37.7とこれまでの最高値です。でも咳や血痰などの症状は今のところあまりありません。発熱もまったくなし。ドクターとしてはフェソロデックスは効いていないという判断で、治療変更をしたほうが良いと考えているようです。
しかし、今は来年4月からの転院を迫られている状況なので、転院先の当てがあるなら新しい病院で今後の治療を相談したほうが良いという意向のようです。しかも今は年末。万が一、緊急に診療が必要となった場合に備えて、年内にも新しい病院につながっていたほうが良いとのこと。

実は前回の受診の際に、今のクリニックでは後任のドクターがどうなるか全くわからず、継続しての診療は難しいという状況を確認しました。単に主治医が他の病院に移るのではなく、このクリニックの診療方針が変更になるようです。とすると、主治医が当面は週に1度診察する予定という病院に転院するか、あるいは主治医も変更して他の病院に行くか、決めなければなりません。
私のこれまでの長い患者歴のおかげで、転院先の候補となる病院はいくつかあります。つい先日、そのうちの一つに打診をしてみたところ、受け入れ可能との返事をもらったところです。
ドクターにその旨を告げると、そこへ転院する方向であれよあれよと話が進み、場合によっては今日でこのクリニックでの診察は最後という感じになってしまいました。診療情報提供書とこれまでの画像データは、近日中に自宅あてに郵送してくれるとのこと。どうやら3月までに多くの受け持ち患者の身の振り方を決めなければならないので、転院先のあてのある患者は早めに整理したいのかもしれません。

今日のところはフェソロデックスとランマークの注射をすることなりましたが、次の診察予約はなし。いったん診察室を出て注射の準備ができるのを待ち、別室に入ってフェソロデックスとランマークの注射をしてもらって終了です。

11月17日(木) インフルエンザ予防接種

  • 2016年11月17日

前回の受診の際にインフルエンザの予防接種をお願いして予約したので、今日はアサイチでクリニックに向かいます。

血液検査がないので9時5分前にチェックインすれば良いのですが、やや早めに到着。
待ち合いロビーで少々待つと、9時15分ぐらいに診察室に呼ばれ、その後隣の処置室で注射。会計も比較的スムーズで出勤時間に余裕で間に合う時間にクリニックを出たのですが、なんと今回は電車の遅延でまたまた駅から職場まで走ることになってしまいました。
疲れた~。(^_^;)

11月11日(金) フェソロデックス3回目

  • 2016年11月11日

前回は午前中休暇をとって午後からの出勤にしたのですが、予想より早く終了して時間を持て余してしまいました。そこで、今日は11時までの休暇にしました。

いつもどおり8時半にチェックイン→採血→血液検査の結果待ち→診察→注射と進みます。
今日の注射はフェソロデックスとランマークの2種類。
何とか11時出勤に間に合う時間に会計も終了したのですが、ぼーっと歩いて駅に向かったら、違う路線の改札へ向かってしまいました。気づいてあわてて方向転換したのですが、出勤時間にぎりぎりとなってしまい、駅から職場まで全力疾走。疲れました。

コメント一覧

非公開 (05/15 06:34) 編集・削除

管理者にのみ公開されます。

10月28日(金) フェソロデックス2回目

  • 2016年10月28日

今日は午前中だけ仕事を休みにし、受診です。

午前7時35分ごろ家を出て、クリニックに到着したのは8時半ごろ。受付して採血して待合いロビーで30分ほど待つと、診察室からお呼びがかかります。
いつもと同じように症状などを申告し、血液検査の結果を聞きます。前回の腫瘍マーカー(CEA)は28。またまた上昇。ドクターは「ホルモン剤の場合は効いている場合でもすぐには腫瘍マーカーが反応せず、一時的に上がる場合もあるから、一喜一憂しないように」と言います。私的には一喜一憂しているわけではないのですが、自分の状況はきちんと把握しておく必要があると思っています。
今年もインフルエンザの注射をしたいので、その旨を話すと、やはりフェソロデックスの注射とは別の日にする必要があるそうです。予約をするのは次回でも遅くはなさそうなので、11月の診察の際に予約することにしました。
院外処方の薬剤はなし。次回と次々回の受診予定を決め、ポートに針を刺し、生食でフラッシュして診察は終了。

一旦診察室を出て少々待つと、今度は隣の処置室へ。左右臀部に1本ずつ、フェソロデックスの筋肉注射を打って終了です。
次回は11月11日(金)の予定です。

10月15日(土) フェソロデックス&ランマークデビュー

  • 2016年10月15日

今日から薬剤変更の予定。でも、予約時間はこれまでと同じく朝イチ(8:30)です。

バスが来るのが遅かったのですが、クリニックに到着したのはほぼいつも通り。8:30になるとブルーファイルを受け取って2階へ行きます。今日は薬剤変更の予定があるせいか、まず身長体重測定。それから採血。
採血の後は診察に向かいますが、これまでと違って点滴の予定がないので、着替えはなし。待ち合いロビーで40分ほど血液検査の結果が出るのを待ちます。
9:20ごろに名前を呼ばれてin。いつもどおり「具合はどうですか」と問診から始まります。咳はときどき出るぐらいで問題になるようなレベルではなく、血が混じった痰が出たこともありましたがこれも一時的。血液検査の結果も炎症や肝機能等の問題はなさそうです。前回の受診の後に緩和治療科を受診したのですが、そちらのドクターの意見もフェソロデックス&ランマークで良いでしょうというものだったことを伝えました。フェソロデックス(一般名:フルベストラント)はpalbociclib(CDK4/6阻害薬)との併用で効果が上がるという臨床試験の結果がいくつか出ていますが、日本ではまだ認可されていないので使えません。
ということで、今日からフェソロデックス&ランマークに変更することになりました。
ランマークの場合は低カルシウム血症予防のためにデノタスチュアブルを服用するとのことで、その処方をもらい、去痰薬(ムコダイン、ムコソルバン)はしばらく休薬して様子を見ることにしました。
また、点滴用のCVポートを使わなくなりますが、詰まるのを防ぐために2、3か月に1回は生食を流すとのこと。「取ってもいいのですが」とドクターは言いますが、特に不便や不都合は感じないのでそのままにします。そう遠くない将来にまた必要になることがあるかもしれないし。

フェソロデックスは1回目から3回目までは2週間ごと。その後は4週間ごとに臀部の筋肉に左右1本ずつ注射を打ちます。今日が1回目とすると次は10月29日土曜日の予定ですが、「28日金曜日にしてもらえますか」と聞くと「私のほうもそのほうが都合がいい。今後はずっと金曜日にできますか?」とのこと。なんと、来年の3月まででこのクリニックは辞めて、4月以降の都内での診療は毎週金曜日に新宿の別の病院でやる予定だとのことです。4月以降はドクターの異動と一緒に新宿の病院に変更してもいいし、別の病院(例えば緩和治療外来に通っている病院)に移りたい場合は紹介状を書きますとのこと。まだ半年近く先のことですが、考えておかなければなりません。このクリニックは土曜日の診療があるし、検査が充実していて結果が早くわかるので、とても便利で快適ではあったのですが、残念です。そういえば、このクリニックのまま別のドクターに診てもらうという選択肢は提示されませんでしたが、後任とかどうなっているのでしょうか。次回聞いてみようと思います。

診察室を出て待合いロビーで注射の準備ができるのをしばらく待ちます。10分ほどで呼ばれて別室に入り、まずはドクターによる注射位置の確認、そして看護師さんによる臀部への注射2本、お腹へのランマークの注射をしてもらいました。

以上で本日は終了。次回は10月28日(金)の予定です。

緩和治療外来受診

  • 2016年09月28日

4か月ぶりの緩和治療科受診。困った症状は幸いなことに相変わらず無いので、単なる経過報告のみの受診ですが、今回は増悪+薬剤変更の報告があります。
9/15のPET-CTの画像資料は9/17に既にコピーのCDをもらってあるので、今日は病院に直行。

予約時間は10時30分ですが意外に早く病院に着き、チェックインしたのは9時51分。保険証確認とCDの提出をして待合いの椅子に座ると、ほどなくして呼び出し機が鳴動し「中待合いへお入りください」との表示。今日は早く終わるかなぁと一瞬期待したのですが、診察室に呼ばれたのは結局10時40分ごろ。それでも前回よりは早いです。

診察室に入ると「資料は見ました」とのこと。「増悪しちゃったんです」というと「そのようですね」。
現在はトレミフェン120mgとゾレドロン酸だが、10月からフェソロデックスとランマークに変更予定であること、症状は血痰が少しあったぐらいで咳や熱などはまだないこと、腫瘍マーカーCEAは上昇を続けていること、フェソロデックスを始めてまた数か月して画像検査をし、様子を見ていく予定であることなどを伝えました。
今のタイミングでハラヴェンなどの抗がん剤をやる選択肢もあるようですが、症状がまだ出ていないしアルバイトながらまだ毎日仕事をしているので、自分としてはQOLを維持できるフェソロデックスを選択するつもりでいると話すと「それで良いでしょう」とのことで、また数か月後に受診・報告です。

診察室を出て少し待つと看護師さんが来て、画像のCDは別のカウンターで返却するのでそこに寄るようにとの話がありました。
もう一つ看護師さんから話が。「もう3年ぐらいこの外来に通ってますが、緊急入院が必要になったときの病院って、最初に聞いた大学病院で良いんでしたっけ」という質問。私が現在治療しているのはクリニックなので、例えば肺炎などで緊急入院が必要になる際にはこの病院では受け入れできないのです。この件については緩和治療外来に通い始めた当初からある問題ですが、当時と同様にクリニックの主治医が関連病院に紹介してくれる予定だと説明。当然、最優先は手術も再発検査もした大学病院ですが、それ以外にも紹介してもらえる関連病院はあること、個人的にもお願いできそうな病院は他にもあることを話すと、看護師さんは安心したようでした。

この後、2階へ行ってCDを受け取り、会計をして終了です。会計は220円でした。
今日は午前中だけ休みをとったので、これから仕事に向かいます。

9月17日(土) 受診

  • 2016年09月17日

今日は4週ごとのゾレドロン酸点滴の日です。併せて一昨日のPET-CTの結果も聞く予定。このところ腫瘍マーカー(CEA)は上昇しているし、たぶん増悪しているだろうな。

チェックインは午前8時半。採血をして着替えをし、待合いロビーでしばし待機。診察室に呼ばれたのは9時15分ごろでしょうか。
いつもどおり「調子はどうですか?」という問診から始まります。今のところ恒常的な咳・痰はなく、発熱もなし。特に問題はありませんと答えると、「PET-CTの結果ですが」と説明が始まります。
結論から言うと、肺の腫瘍は反応がかなりあって画像上では黄色くなっている範囲が以前の倍ぐらいになっている模様。また、胸骨の転移巣にも反応が出ているとのこと。他の部分に新たな異常はないようです。
腫瘍マーカー(CEA)も6月までは基準値内だったものが、7月は5.8、8月は12.3と上がっています。(診察の時にはまだ今日の結果は出ていなかったのですが、最後にもらったプリントでは20.0となっていました)
ということで、案の定、薬剤変更の提案です。まだ症状が出ていないということもあり、第一候補はホルモン療法のフェソロデックス(一般名:フルベストラント)。胸骨の増悪もあるので、ゾレドロン酸も分子標的薬のランマーク(一般名:デノスマブ)に変えましょうということです。抗がん剤(たとえばハラヴェンなど)に変更するというのが第二候補。変えるとしたら来月からということになりそうで、月末に他院の緩和治療外来へ行く予定もあるのでそちらの意見も聞き、来月まで考えておいてくださいとのことでした。
ですので、あと1か月は現状の治療のままです。高用量トレミフェンといつもの去痰薬の処方をもらい、ランマークの解説冊子をもらってポートに針を刺して診察は終了。

診察室から化学療法室に移動し、6番のリクライニングに落ち着きます。おそらく最後のゾレドロン酸点滴になるでしょう。点滴をしながらランマークの冊子を読んだのですが、ランマークは注射のようですし、フェソロデックスも注射なので、化学療法室には当分来ることはなさそうです。

点滴が終わり、着替えをして、会計をして、10時40分ごろには終了です。
問題となるような症状のない今のタイミングで化学療法はやりたくないし、かなり前から次の治療の候補になっていたフェソロデックスをやるというのは、ほぼ既定路線ですが、薬価が高いのが難点。もちろん高額医療費の手続きはするのですが・・・。

次回は10月15日(土)の予定です。

9月15日(木) PET-CT

  • 2016年09月15日

今日はPET-CTの日です。
いつもなら診察日の土曜日に合わせて検査と診察・治療を一度に済ませてしまうのですが、土曜日にPETの空きがなかったため、今日は検査のみ。この結果は明後日に聞く予定。

9時10分にチェックイン。3階の検査センターに行くと、最初に検査着に着替えます。
その後、看護師さんによる事前説明、問診等。身長・体重を測ってしばらく待っているとお呼びがかかります。
ブドウ糖に放射性同位元素を標識したFDGという薬剤を注射し、安静室へ移動。そこで1時間ほど待機します。
検査の時間になるとインターホンでお呼びがかかり、トイレを済ませて検査室の前で待っていると、検査室に呼び入れられます。
検査の機器はCTと似たようなもので、検査台に仰向けに寝て撮影です。20分ほどで終了し、再び安静室へ。時間になるとまたインターホンでアナウンスがあり、トイレに行ってから終了。
検査室を出て着替えを済ませ、会計まで終わったのが11時40分ぐらい。朝ごはん抜きなので、お腹がすきました。

医療の不確実性

  • 2016年08月21日

昨日は第15回かながわ乳がん市民フォーラムでした。
テーマは「高めよう患者力! ~情報に流されないために~」です。

私も実行委員会の片隅に参加しているのですが、今回は、これまで何度も話題に上がっていたのにもかかわらず、扱い方が難しいということで避けてきた補完代替療法についても触れることになりました。
その一つとして講師に招いたのが大阪大学大学院准教授の大野智先生。不勉強な私はこれまであまり存じ上げていなかったのですが、医療の不確実性について私が常々ぼんやりと考えていたことを、かなり整理して提示してくれました。

朝日新聞のアピタルに「これって効きますか?」という連載記事があります。
http://www.asahi.com/apital/healthguide/kiku/
医療の不確実性についての記事もあります。