記事一覧

4月18日(木) 緩和治療外来受診

  • 2019年04月18日

きょうの予約時間は15時。午前中の主病院での診察を終え、病院内のカフェでランチしてから直行すると、こちらの病院に到着したのは午後2時半過ぎ。ちょうど良い時間です。
保険証チェックを受け、半年前に受け取りそびれた画像CDを受け取り、受け付けにきょう持参した資料を提出し、問診票をタブレット入力し、トイレに行ったりしていると、予定時間を15分ほど過ぎたころに呼び出し器から「中待合へどうぞ」のコールがありました。中待合へ入ってからは20~30分ほど待ったでしょうか。今度は「診察室へどうぞ」のコールがあり、診察室へin。前回受診から半年ですが、特に大きな変化はありません。腫瘍マーカーの変化等の資料には目を通してくれているらしく、「連休明けからハラヴェンをすることになりました」との報告のみし、次回の予約をとりあえず半年後に入れて診察は終了です。
会計は220円なり。なんだか申し訳ない金額です。

4月18日(木) 受診、次の治療決定

  • 2019年04月18日

仕事を辞めてから最初の受診です。
予約時間は10時になっているので、少しのんびり目に朝ドラを見てから家を出て、病院にチェックインしたのは9時18分。採血してから腫瘍内科外来にまわって受付したのは9時半でした。

待合いの長椅子で待つこと約1時間。看護師さんから番号を呼ばれて検温をするとほどなくして「中待合へ」の表示が出ます。そこからが意外に長く、40~50分ほど待ったでしょうか。ドクターが入り口のところに現れて名前を呼ばれ、やっと診察開始です。

さて、問診では特に報告事項はありません。血液検査の結果は相変わらず。腫瘍マーカーはゆるやかに上昇し続けていますが、白血球やCRPなどの値は変化なし。先週撮った造影CTも大きな変化なし。さすがに2年前のCTと比べると1.5倍ぐらいになっていて、このまま今の治療を継続するのはちょっと難しいかなーという感じです。
次の薬の選択肢としては、以下のものが考えられます。
 ・ハラヴェン(エリブリン)
 ・ウィークリーパクリタキセル
 ・TS-1
 ・ゼローダ(カペシタビン)
 ・アフィニトール(エベロリムス)
 ・パクリタキセル+アバスチン(ベバシズマブ)
 ・ドセタキセル
 ・アブラキサン
 ・ナベルビン(ビノレルビン)
 ・ヒスロン
 ・リムパーザ(オラパリブ)
 ・ベージニオ(アベマシクリブ)
このうちタキサン系は4年前にアブラキサンを4クール(3か月)やっているので、今回はやめておく。リムパーザはBRCA変異がある場合にのみ使えるので、まずは検査をしなければならない。この病院でその体制が整うのはもう少し時間がかかるらしい。いずれは検査してみるとして、現時点ではハラヴェンかなー。効かなかったらその次の薬は要検討だが、よく効いた場合はアフィニトールに変えることもできそう。通院回数が増えるが、完全フリーとなった今ではそれも問題なし。
ということで、連休明けの5月9日からハラヴェンを始めることにしました。最近、ハラヴェンを始める人が増えているそうです。

やはり骨髄抑制のある点滴を連休明けにすることになるので今回はイブランスの処方はなし。去痰薬と鎮咳薬のみの処方で、診察後に身長・体重測定と、CVポートの生食フラッシュ、ランマーク注射、フェソロデックス注射をして終了。午後に別病院の緩和治療外来に行く予定なので、そちらへの情報提供用の画像CDを作ってもらいました。
なんだかんだ会計まで終わったのは12時40分ごろで、病院内のカフェでランチにし、引き続き午後の病院へGOです。

4月11日(木) 造影CT検査

  • 2019年04月11日

きょうのCTの予約時間は8時45分。終了後は家に帰るだけなので、早い時間にする必要はないのですが、造影剤を使うために検査の4時間前から食事はNG。結局、朝のほうが都合が良いのと、キャンセルで空きがあったようなので、この時間になりました。

チェックインは8時半ごろで、検査が終わって病院を出たのは9時20分ごろ。検査のみなので1時間弱の病院滞在です。結果は来週の受診時に聞く予定です。

3月20日(水) 受診

  • 2019年03月20日

来月からは仕事を辞めて完全フリーになる予定なので、受診後に職場へ直行する最後の日です。

チェックインしたのは8時半を少し過ぎたころ。受付整理番号は「0888」です。4か月前の11月が「0999」で、先月が「0777」。このところゾロ目が続きます。しかし、待っている間に「1111番のかた~」というアナウンスが耳に入り、上には上がいると思った次第。今日は採血のみで腫瘍内科の外来受付をしたのは9時少し前でしたが、意外に待ち時間が長く、診察室に呼ばれるまで2時間ぐらいかかってしまいました。

報告事項は2点。2か月前のように原因に心当たりのない嘔吐があったことと、血痰が少々出たこと。腫瘍マーカーは相変わらず微増継続。薬の処方と血液検査の結果をもらい、次回の予約を入れ、診察の後には注射をしてもらって終了です。

2月21日(木) 受診

  • 2019年02月21日

きょうは昼までに職場に行ければいいやと考え、少々ゆっくりと家を出ました。案の定、少し遅い電車になり、病院到着は8時20分ごろ。受付整理番号は「0777」です。11月の「0999」に続いて、なんとなく気分のいい番号です。

採血、レントゲンと順調に進み、腫瘍内科の外来受付に辿り着いたのは8時45分。それから約1時間後に「中待合へ」の表示が出て、更に30分ぐらい待って診察室へin。

今回はあまり報告することはありません。風邪は前回の臨時受診の後、すみやかに治癒し、このところは血痰が少しあるのと、相変わらずの脚の痙攣ぐらい。今週初めぐらいから少し頭が重いので申告すると、脳転移を心配したのか、少し詳しく聞かれました。でも、以前によくあった頭痛に比べれば大したことありません。腫瘍マーカーは相変わらず上昇し続けているので、「そろそろ薬を変えて、この辺りでちょっとガツンとやったほうがいいかも」とドクター。4月からは完全に仕事を辞めて完全フリーになる予定なので、「新しい薬は4月からにしましょう」と私。「じゃあ、次回はレントゲンやって、、、」「今日もやりましたよ」「あ、そうだっけ?」とレントゲン画像をチェック。顕著な変化はありません。今日はフェソロデックスとランマーク継続なのですが、画面を見ながら「ありゃ!?」とドクター。どうやら、今日の注射のオーダーを忘れていたみたいです。「これなら予備があるから、急いでもらえばすぐ届くよ」

4週間後は祝日に当たるので1日前倒しで20日水曜日の予約です。「混むでしょうね」と言うと「それよりも5月の10連休が恐い」とドクター。本当に予想がつかなくて困ります。
血液検査の結果を印刷してもらい、次回の予約を入れ、院外処方をもらって診察は終わりです。

中待合の椅子がいっぱいなのでロビーで少し待っていると、しばらくして看護師さん登場。処置室の3番ベッドで注射をしてもらい、会計をして、病院を出たのは11時20分でした。病院滞在時間は3時間でした。

次の薬、じっくり考えなきゃなぁ。

第17回サバイバーシップを語り合う公民館カフェ

  • 2019年02月15日

ファイル 349-1.pdf
ファイル 349-2.png

テーマは「ネット情報との付き合い方」~その情報、信頼できますか?~
スピーカーは、国立がん研究センターがん対策情報センターがん情報提供部 医療情報コンテンツ室 室長 早川雅代先生

インフル騒動 ─ 1月31日(木)臨時受診

  • 2019年01月31日

1月27日(日) 同居人が「具合が悪い」と言い出す。やたらと鼻水が出るし食欲もないみたい。このところ猛威を振るうインフルの可能性大。この時点で私の体調には変化なし。

1月28日(月) 同居人は休務日のため、アサイチで近所のクリニックへ。私は仕事。昼休みにメールをチェックすると「ビンゴ」という報告。やはりA型インフルで、ゾフルーザを処方されたということ。うひゃ~、やばいやばい!できるだけ同居人には近づかないように家庭内別居だ。

1月29日(火) 私の朝の体調は普通。ただ、午後からだんだん怪しい感じになり、帰宅後体温測定してみると、なんと38.3度。かろうじてまだクリニックが受付やってる時間だったので、慌てて受診。インフル検査は陰性だったが、家族にインフル患者がいて、肺にリスクがあって、しかも38度超の発熱ということで、状況証拠は十分。予防的にゾフルーザを処方され、帰宅後すぐに服用。同居人はこの時点ですでに熱は下がっている。

1月30日(水) 仕事はもちろん休み。金曜日まで休む予定でひたすら寝る。予防接種もしているし、あまりこじらせてないはずだし、ゾフルーザ服用後24時間経てば熱も下がるとおもいきや、夜になっても38度超。先週のレントゲンで肺に炎症が少しあったし、これは主治医を受診したほうがよいかもと、メールで状況報告。

1月31日(木) 朝の体温は平熱。ただし、朝は熱が下がることが多いので油断はできない。主治医を受診することにし、10時過ぎには病院に到着。まずはインフル検査を受け、採血とレントゲンを受けて待っていると、看護師さんからお呼びがかかり、診察室へ。まだ血液検査等の結果は出ていないそうだが、なんとインフル検査は陰性。あれれ? 一度診察室を出て、しばらくして再度診察室へ。高感度検査でもインフルのウィルス反応はなく、採血も好中球は下がっていない。CRPに至っては先週よりも下がっている。レントゲンも先週に比べて悪くはなっていない。このころから体調も通常に戻っている感触。診察室で検温すると平熱。結局、インフルでも肺炎でもなく「単なる風邪だね」との診断でした。先週の尿検査の結果は、大腸菌が少し出ていただけらしい。念のため抗菌薬(クラビット)を5日分処方してくれて、イブランスは少しお休みしても良いとのこと。

結局、その後に熱は上がらず、そのまま回復。インフルでなかったということで、まだかかる可能性があるのが嫌な感じです。

神奈川県立がんセンター第10回市民公開講座「がんを知る」

  • 2019年01月26日

ファイル 351-1.png

友人に教えてもらって、二人で参加しました。

テーマは「がんゲノム医療 ~がん患者の個別化医療への期待~」です。
なかなか充実の内容で、配布資料もボリュームたっぷりでした。

1月24日(木) 受診

  • 2019年01月24日

今年最初の受診です。
実は数日前から軽い膀胱炎的な症状があるので、昨夜のうちにドクターに予告メール。予告しておけば先回りして尿検査を追加で入れてくれるんじゃないかと期待してのことですが、予想通り血液検査の自動受付のところで「受付カウンターへ」の表示が。
通常の採尿カップのほかに、血液検査の後に腫瘍内科の受付でフタつきの採尿カップをもらい、それから採尿→レントゲンと回って再度腫瘍内科に戻ったのは8時45分ごろでした。

それから待つこと約1時間。血液検査と尿検査とレントゲンの結果を待たなきゃいけないし、9時からの診察で5人目なので、まぁ、やむを得ない待ち時間です。10時前には診察室へ入りました。

まずは追加検査を入れてくれたことに感謝。軽い膀胱炎的な症状は4日前ぐらいからで、頻尿と残尿感ぐらい。発熱や痛みや血尿はなし。尿検査でも出ているのは白血球のみということで、CRPもさほど高くありません。細胞培養検査の結果が出るのは数日かかるし、症状が悪化して近医にかかる場合は細胞培養検査の結果をFAXで送ることもできるということで、当たりをつけて抗菌薬を飲むのはやめにしました。しかも、肺にも炎症的な像が若干あって、CRPの数値はその影響かもしれません。
ドクターは4週間前と同じように風邪っぽい状態です。またひいちゃったのでしょうか。
腫瘍マーカーは相変わらず微増。診察室で検温しましたが熱はなく、結局、治療は継続です。
ほかに、1月7日に突然原因不明の嘔吐をしてしまったことと、今朝足の痙攣があったことを報告。「なんで痙攣するのかなぁ」「水分が不足するとなるって聞きますけど」「そうそう(膀胱炎のこともあるから)沢山水飲んでね」「はーい、心がけてまーす」
きょうは忘れずに血液検査の結果を印刷してもらい、4週間後の予約を入れ、栗の処方をもらって診察は終わり。中待合の椅子に空きがないので待合ロビーでしばらく待つと、10分以上経ってから看護師さんが登場し、処置室で注射をしてもらいました。

やっと会計まで終わったのは11時10分ごろ。早くチェックインしたにもかかわらず、今日はかなり時間がかかってしまいました。

第16回がんサバイバーシップ オープンセミナー

  • 2019年01月16日

ファイル 345-1.pngファイル 345-2.pdf

テーマは、「統合医療は信用できるか」~信頼できる情報の探し方~。
演者は新井一郎先生(日本薬科大学薬学部 教授)です。

長らく漢方薬メーカーに勤務してきたかたで、補完代替医療、統合医療、健康食品などのエビデンスの有無などを確認する方法などを具体的に提示してくれました。

NCCIH(アメリカ国立補完統合衛生センター)のサイトはエビデンスに基づいて充実している。ただし英語。
https://nccih.nih.gov/

日本には eJIM がある。
http://www.ejim.ncgg.go.jp/public/index.html
 1 NCCIHの一部の情報も翻訳して掲載してある。
 2 「健康食品」の安全性・有効性情報
 https://hfnet.nibiohn.go.jp/
 3 コクランレビュー
 http://www.ejim.ncgg.go.jp/doc/index.html
 4 日本東洋医学会 漢方治療エビデンスレポート など、構造化抄録
 http://www.jsom.or.jp/medical/ebm/er/index.html