記事一覧

8月22日(木) 受診

  • 2013年08月22日

リュープリンを再開し、フェマーラを飲み始めてはや1か月。今日の受診は午後4時半ですが、夏休みが1日余っているので丸一日休暇をとり、自宅からクリニックに向かいます。

診察室では特に話すこともなく、3分診療どころか1分もかからずに終わってしまいました。
隣室でリュープリンを打ってもらい、2階へ移動して血液検査をして終了です。

次回は9月19日の予定です。

フェマーラデビュー

  • 2013年07月27日

一昨日の受診のあと、薬局で薬を買おうとしたら、なんとフェマーラは置いてないとのこと。仕方ないので、お取り寄せ待ちになりました。

ということで、昨日の朝は引き続きタモ(私の場合はタスオミン)を服用。昨日の夕方にフェマーラを受け取りに行ったのですが、さすがに高い!タスオミンの倍ぐらいの値段です。

私は薬のPPシートの上に日付を書いて飲み忘れを防いでいますが、タスオミンよりも薬が小さく、書くのが大変です。

本日、朝、記念すべき(?)AI剤の1錠目を飲みました。
いよいよフェマーラデビューです。さて、副作用はいかに???

(これを書いていて、普通なら「腫瘍が小さくなるか」とか「CEAが下がるか」とか期待するのでしょうが、一番の関心は副作用だということに気づいて、ちょっと複雑な心境です)

7月25日(木) CT&受診

  • 2013年07月25日

前回の受診の後、私的には超ショックなことがありました。
なんと、生理が戻ってしまったのです。
3年前にリュープリンを開始したとき、すでに「そろそろ閉経かな」という感じだったので、3年もリュープリンをした後はもう戻らないだろうと思っていました。もともと「早く生理が無くなるといいのに」と思っていたので、リュープリンを打っている間は、ホットフラッシュはあるものの、ある意味快適でした。
12年前にゾラデックスをやめたときは、4か月後に生理が戻ったので、この2か月くらいでは絶対に戻らないとタカをくくっていたのです。そこへ、意外にふつーに生理が来てしまったので、私としては超ショックです。今日の受診では、絶対にリュープリンを再開してもらおうと思います。

さて、今日は仕事もゆとりがあるので、久々に丸一日休暇をとって受診です。
朝、いつもの出勤より少し早めに家を出てクリニックへ。まだ開始前ですが、受付にはたくさんの人が待っています。
時間になり、待っていた人が次々と呼ばれて其々の診察or検査場所に行き、私もファイルを持って3階の画像センターへ。少し待ってCT検査です。
その後、診察までに時間があるので一旦外出し、デニーズでゆっくりモーニングを食べました。
6階の乳腺外科に戻ると、すぐに名前を呼ばれ診察室へ。

ドクターからの第一声は「咳はどうですか?」
2週間前はまだ少し咳が出ていましたが、もう今は出なくなり、薬も飲んでいません。
しかしCTの結果、肺の腫瘍は少し育ってしまっていました。
発見された最初(2010年6月)は15ミリでしたが、今は30ミリぐらいになっています。
他に新たな病巣は出来ていないようです。
CEAは8.7にさらに上昇。
生理復活のことを報告し、またリュープリンを再開することになりました。
飲み薬はTAMが効かなくなってきているようなので、AI剤に変えることにしました。ドクターのお勧めはフェマーラ(レトロゾール)です。アリミデックス(アナストロゾール)との選択が難しいですが、まぁ、どっちも同じようなのでまずはドクターのお勧め通りにします。

4週間後の予約を入れ、会計して終了です。今日は血液検査はなし。次回にまたやる予定。
会計待ちをしているときに、声をかけられました。
VOL-Netの会合に、最近良く来てくれるかたで、同じ主治医の患者仲間です。彼女はこれから診察とのこと。

次回は8月22日の予定です。

7月11日(木) 受診

  • 2013年07月11日

いつものとおり、15:15まで仕事をし、15:30過ぎに職場を出てクリニックに向かいます。
受付をし、待合いでもすぐに名前を呼ばれ診察室へ。
まずは先月の受診の翌日からの発熱を報告。いまはすっかり良くなり、少々咳がのこっているぐらい。以前にもらってあったメジコンを飲んでます。
腫瘍マーカーCEAは今回も上昇。5/11が7.1、6/10が7.8です。ホルモン値は閉経状態とは言えないもので、引き続き様子を見ていくことにしました。
腫瘍マーカーが上がっていることもあるので、早いうちにCTをやりましょうということになり、2週間後にCTの予約を入れました。もう夏休み期間中になっているので、仕事を休んでもいいかなと思い、朝一番の時間で予約。TAMは14日分だけの処方となりました。

受診の後に血液採取をし、会計→終了です。
次回は7月25日(木)です。

久々の発熱!

  • 2013年06月16日

今月の受診の日(6月10日)まではフツーに元気だったのが、11日火曜日の朝に喉の違和感を感じ、「ちょっとやばいかも」。
仕事がよんどころない状態なので、とりあえず出勤。
午後からは明らかに熱が上がっている感じ。
熱を測ったからといって早退できる状況にないので、そのまま終業時間まで持ちこたえ、帰ってすぐ寝ました。
案の定、38度5分の発熱。
久しぶりです。
自己診断としては扁桃腺炎。
下手に熱を下げても藪蛇になりそうなので、ひたすら寝ました。
帰宅途中に、薬局でヨウ素の喉用殺菌消毒薬スプレーを購入したので、こまめにスプレー。
結局、翌朝まで約12時間、1時間おきに目覚めてトイレに行って、水を飲んで、熱を測って、ヨウ素をスプレーしてまた寝るというのをひたすら繰り返し。
朝にはなんとか平熱になっていて、症状は声が出ないことぐらい。出勤です。
仕事が微妙な状態で他の人に頼むことができず、休めない時に限って熱が出るとは、困ったもんです。

その後、熱は2日後の夜に一瞬だけ37度5分になったものの、とくにぶり返すことはありませんでしたが、3日ほどは声が出ず、まともに電話ができない状況でした。また、発熱の翌々日ぐらいから痰と濃厚な鼻汁と咳のオンパレード。それもなんとかこの土日で収束しそうです。

6月10日(月) 受診

  • 2013年06月10日

今月は久々に土曜日以外の受診で、職場から病院に向かいます。
予約時間は16時30分で、受付に着いたのは16時15分ごろ。6階に向かい、待合室でしばら待ちますが、ドクターが他のフロアの検査で来るのが少し遅れるとのこと。特に急ぐ用事もないのでそのまま待つと、ほどなく名前を呼ばれました。
診察室に入り、まずは問診です。
先月の胸の痛みはすっかり良くなり、咳も特になし。ホットフラッシュと、足の痙攣と、じんましんは相変わらず。先月までで、一応リュープリンの注射は終了することにしたので、今月からは問診のみです。血液検査をお願いしているので、この後2階へ回ることにし、終了です。

2階の受付で、先月の血液検査の結果をもらってないことを思い出し、コピーを出してくれるよう依頼。血液検査をしている間に出してもらいました。

会計ではリュープリンがないので、先月までよりかなり安いです。
来月の受診予定は7月11日(木)16:30です。

外へ出てから先月の血液検査の結果を見てみると、初めてCEAが基準値を超えていました。
肺の腫瘍はずっとある状態なので、腫瘍マーカーが上がっても不思議はないのですが、これまではまったく無反応。何か変化があるのかどうか、今後の経過を注視しようと思います。

5月11日(土) 受診&胸部レントゲン

  • 2013年05月11日

例月どおりと言いたいところですが、今月はちょっとしたアクシデントがありました。
実はゴールデンウィークに琵琶湖へサイクリング旅行に出かけたのですが、そこで転倒。速度が出ていなかったので肘と膝を擦りむいたぐらいだったのですが、1~2日経つうちに段々胸が痛くなり、寝返りも打てない状況になってしまいました。
日常生活に支障はないのですが、咳やくしゃみのときには猛烈に胸が痛みます。これは肋骨にヒビでも入ったかと思いましたが、ググってみても肋骨骨折は安静にするのと痛みどめぐらいしか治療がありません。念のため主治医にメールしてみましたが、悪化する様子がなければ受診予定の土曜日にレントゲンを撮りましょうということになりました。

今日は雨模様の土曜日で、ちょうど駅に着いた頃に降り始めてしまいました。
予約はいつもより早めの10:00。受付をしてしばらくロビーで待っていると名前を呼ばれて私の番。診察室に入りましたが、まず胸部レントゲンを撮りましょうということになり3階の画像検査へ。少し待ってX線室に入り、胸部レントゲンを撮り再度6階へ。また少し待って再度診察に呼ばれました。

診察室に入ると既に画像が表示されています。骨折やヒビと思われるところはないということで、あまり心配はいらないということでした。ロキソニンの貼り薬があるということで、ロキソニンの飲み薬と併せて処方してくれました。
前から懸案になっているリュープリンの注射は、一応、今日で最後です。ホルモン状態の経過を見たいので、これから血液検査を継続してやってくれるようリクエストしました。

診察を終了し、36回目の最後のリュープリンを注射して、そのあと血液検査です。

ドクターは閉経が確認できたらAI剤に変えたいようですが、私としては今の腫瘍が悪化しないかぎり、タモのままにしたいという気持ち。AI剤の副作用はできる限り遠ざけたいです。

次回の受診は6月10日(月)の予定です。

4月13日(土) 受診

  • 2013年04月13日

3月の受診の時点では、4月の第2土曜日は温泉旅行に行くつもりで、わざわざ1週先の予約を入れていたのですが、予定が変更になり受診日を変更しました。予約時間は15:30です。

いつもどおりで特筆することは何もなし。
来月の予約を5月11日にし、終了です。

3月16日(土) 受診

  • 2013年03月16日

今日は東急東横線と新副都心線がつながる日です。
乗り換え案内を見てみると、新宿三丁目で丸ノ内線に乗り換えるのが結構早いようなので、試しに乗ってみることにしました。
いつもと違うルートです。
とっても良い天気なので、帰りは新宿御苑にでも行ってみようかと考えながらクリニックへ。
ほぼ予定通りの時間に受け付けをし、エレベーターに乗って6階で降りると、「リスミンさん!」と声をかけられました。もう10年ぐらい前に同じ主治医の患者仲間だったかたです。ちょうど診察が終わって、これから血液検査をして終了とのこと。私の診察が終わったら1階で待ち合わせることにしました。

ロビーではほとんど待つことなく診察室に呼ばれました。
入ってすぐ「○○さんに会いましたよー」とドクターに報告。そのあといつも通りの問診です。最後に隣の処置室でリュープリンの注射をして終了です。

1階に行って会計を済ませて○○さんと落ち合い、ランチでもしようとクリニックを出ました。ちょうど駅前にお手頃ランチセットのレストランがあったので、そこでゆっくりおしゃべり。7年ぶりぐらいなので、お互いの近況報告をしました。

「次の診察のときも会えるといいね!」と言って駅前で別れ、私は新宿御苑へ。こぶしが満開で、早咲きの桜もたくさん咲いて、とってもいい気持ちです。2時間ほどひとりで散策しました。

次の診察は4月20日(土)の予定です。

2月16日(土) 受診

  • 2013年02月16日

平日の休みがとりにくい時期なので、いったんは15日金曜日に予約した受診日を土曜日に変更しました。予約時間は11時45分なので、のんびり家を出ます。
ちょうど良い時間にクリニックに着き、受け付けをして待合ロビーへ。意外に空いていて、待合には先客が2人しかいません。
10分ほどすると、いつものように名前を呼ばれて診察室へ。

「咳はどうですか」と、まずは問診。「全然出ません。薬飲んでないけど」と答えます。「蕁麻疹は?」との問いには「薬をずっと飲み続けているので出ません」。薬の止め時が難しいです。
リュープリンも閉経していれば無駄なのですが、閉経しているかどうかの判断は非常に難しい。とりあえず、誕生日ぐらまでは続けましょうということにしました。

2月なのでチョコをちょこっとだけプレゼントし、診察終了。リュープリンの注射をしてもらい、来月の予約をし、会計をして所要時間は全部で30分足らず。

来月は3月16日(土)の予定です。